App Annie | Academy

ユーザー獲得

レッスン 2

アプリストア最適化:パート1 アプリの見つけやすさ

重要な事実があります。それは、GoogleとAppleのアプリストアそれぞれに200万以上のアプリがあり、毎日1,000以上のアプリが追加されているということです。

さらにもう1つ。 それは、アプリストアでのアプリダウンロード数の65%以上がオーガニック検索によるものだということです。

そのため、アプリ全般の成功には十分に練り上げられたASO戦略が欠かせません。アプリストアに置かれているアプリの数がますます増加していることを考慮するならば、適切なキーワードを選択するだけではもはや不十分なのです。

では、iOS App StoreとGoogle Playにそれぞれ200万以上あるアプリの中で、自社アプリのランキングを上げるにはどうすればよいのでしょうか。この問いについては、次の2つのレッスンで回答します。

実を言えば、ASOの核心に近い部分は、AppleとGoogleが企業秘密として厳重にガードしています。SEOと同じく、両社は不正防止のため、ストアでアプリの表示場所と表示方法を決めるために使用している実際のアルゴリズムを公開していません。

しかし現在では、長年かけて実証された基本戦略が多数あります。これらの戦略を用いれば、ランキングに直接的かつ確実にプラスの影響を与え、低コストで効率的にアプリを多数の潜在的ユーザーの目に触れさせることができます。

では、これらの基本戦略について見てみましょう。まずアプリの見つけやすさを向上させ、次にアプリを見つけてダウンロードしてくれるユーザーの数を増やします。

キーワードを選択する

アプリストアのアルゴリズムは、アプリのタイトル、説明、キーワードを評価し、該当するユーザー検索結果にそのアプリを含めるかどうかを判断します。そのため、キーワードの選択は慎重に行う必要があります。しかし、アプリストアのトップに何百万ものアプリがある中で、ビジネスに目立った変化をもたらすキーワードを選ぶことは至難の業です。

キーワード戦略を、実際の状況と無関係に実施したり固定化したりしないでください。競争相手や文化の変化、さらにアプリのランキング、ダウンロード数、収益に対する影響を踏まえ、流動的かつ連続的に設定する必要があります。

まず、アプリ名にキーワードが詰め込まれる事態を防止するために決定されたiOS App Storeの新ルールに従い、アプリ名を50文字以下にします。Google Playでは、上限は30文字です。どちらのプラットフォームでも、長い名前が新規ユーザーの目に触れる機会の増加につながることはなく、場合によっては信用できないとみなされることがあります。短くてインパクトのある名前を付けましょう。

50文字制限の適用前:
Prisma: Instagramの写真や自撮りに最適な無料のピクチャーエフェクトとクールなイメージフィルターを搭載したアートフォトエディター
Groupon: お買い得品、クーポン、ショッピング:地元のレストラン、イベント、ホテル、ヨガ、温泉を割引価格で利用

50文字制限の適用後:
Prisma: フォトエディター、アートフィルターピクチャーエフェクト
Groupon: お買い得品、クーポン、ディスカウントショッピングアプリ

上記のPrismaGrouponの例を見ればわかるように、今でもキーワードを名前の一部に含めることができます。必要なのはキーワードを厳選することだけです。

では、このような強力なキーワードを選択するにはどうすればよいでしょうか。

ブレインストーミングで適切なキーワードを見つける

アプリストアのキーワード最適化の最初の一歩は、昔ながらの人力による常識的な思考です。自社のアプリと分野のことを自分たち以上に知る人間はいません。どのような言葉が思い付くか、考えてみましょう。業界の顧客が最もよく使用する言葉は何でしょうか。チームで集まり、キーワード候補を出し合ってください。

原則として、一般的な内容よりも特徴のある内容を重視してください。アプリを目立たせる機能や価値は何かということを考えるのです。

たとえば、旅行アプリを立ち上げる場合、「旅行」というキーワードで検索結果の上位に割って入るのは難しいでしょう。しかし、旅行者が割引チケットを見つけるのに役立つ優れた機能があるなら、「格安航空券」などのキーワードを検討できます。

キーワードの検索量と難易度を調べる

検索結果の上位を獲得するという点で、ある言葉が効果的でないかどうかを判断する場合、当て推量や試行錯誤に頼らないでください。代わりに、キーワードの検索量(検索される頻度)と獲得の難易度を正確に測定してください。

最適な言葉は、検索量が非常に多く、難易度が非常に低いものですが、そのような言葉はめったにありません。現実的には、検索量がそれなりに多い、有望な言葉を探すことになります。

検索量や難易度の観点からどれだけ魅力的であっても、アプリにまったく当てはまらないキーワードを無理に選ばないでください。こうしたキーワードを選択しても、アプリの価値を実際に評価してくれるユーザーに関係のない用語で貴重な文字スペースが無駄になるだけです。

競争相手に注意を払う

最適なキーワードを見つけることは、競争相手を詳しく追跡し、モニタリングすることでもあります。特定のキーワードを使用している競争相手のランキングや、自社のアプリと同じキーワードを使用している別のアプリのランキングを分析すれば、自社の分野で最も一般的なキーワードや戦略的なチャンスを把握する手がかりが得られます。

説明を忘れずに

Google Playにおいてページの説明フィールドに強力なキーワードを使用することは、見つかりやすさへの効果の点でアプリ名にキーワードを含むことに及ばないものの、オーガニック検索の結果に良い影響を与えられます。

iOS App Storeでは説明はキーワードとしてスキャンされませんが、良い説明があれば誰かがあなた方のアプリを見つけた際にすぐにダウンロードをするかどうかを決める判断材料になります。

ユーザーレビューを活用する

アプリを表現する最良の方法の一つに、ユーザーレビューの言葉を使用する方法があります。それらの言葉はあなた方が考えていた言葉よりも、よりよくユーザー候補者に届くかもしれません。ユーザーがアプリの機能や優れた点について、どのように評価しているかを注目して見てください。

先の旅行アプリの例で考えると、レビュー欄に格安の航空券が見つかって嬉しいとの声が多いことに気付いたら、「格安航空券」などのキーワードを採用するべきです。こうしたキーワードの変更は、格安航空券を求める人が自社アプリを見つけるのに役立ちます。彼らがユーザーになり、適切で効果的な機能を気に入って高く評価すると、検索結果で表示される位置にも良い影響があります。

カテゴリーを選択する

キーワード戦略を用意することがASOに重要なのは当然とはいえ、キーワードは数多あるツールのひとつと考えるほうが良いでしょう。異なるカテゴリーに変更することも、アプリの見つかりやすさに影響する場合があります。

アプリが属するカテゴリーを選択することは、どのパブリッシャーにとっても重要であると同時に、アプリストアのカテゴリー別ランキングと総合ランキングで順位を上げる手段にもなります。カテゴリー戦略では、競争が最も有利になり、かつ最も適切なユーザーをオーガニックに引きつけるカテゴリーを考慮すべきです。

カテゴリーを検討する際、次の問いに答えるといいでしょう。

  • 自社アプリが無理なく収まるカテゴリーとは?
  • ユーザーはどうやって自社アプリを検索する?
  • 競合アプリや類似アプリが属するカテゴリーは?

パブリッシャーが見つかりやすさを向上させる目的で、アプリを競争率の低いカテゴリーに変更し、ランキングでの順位を上げている例もあります。

Twitterは2016年、アプリのカテゴリーを「ソーシャルメディア」から「ニュース」に変更。 競争の激しい「ソーシャルメディア」でFacebookInstagramWhatsAppなどの巨大企業と順位を争うよりも、「ニュース」で順位を上げるほうが得策と判断し、それは功を奏しました。 変更してまもなく、Twitterは「ニュース」カテゴリーで1位を獲得したのです。

iOS App Storeで選択できるのは、プライマリカテゴリーとセカンダリカテゴリー(ゲームの場合は第3のカテゴリーも)です。プライマリが最も重要で、検索結果とチャートにアプリが表示されます。ただし、Explore(コンテンツ)タブでは、アプリは両方のカテゴリーに表示されます。

Google Playの場合、パブリッシャーはアプリのカテゴリーを1つしか選べません。そのため、慎重に選択することが一層重要になります。

ASOに関連する要素は他にも多数あるものの、まずはこれらの基本に取り組むことで、リリースに向けた態勢が整うでしょう。準備が整ったら、より詳細なツールやガイダンスを活用できます。

以上を念頭に置き、アプリを見つけたユーザーの関心を引き、ダウンロードしてもらうための主な戦略を検討しましょう。

学習を続ける

次のレッスンでは、アプリのアイコン、スクリーンショット、動画などの最適化を含むアプリストアコンバージョンのベストプラクティスを検討します。

次のレッスン前のレッスン