レッスン 1

アプリのマネタイズとは

これまで、アプリのデザインと機能に関する計画と戦略立案新規ユーザーの獲得ユーザーのエンゲージメントを維持する方法を学習しました。 次に必要なのは、そのエンゲージメントをアプリ収益に変えることです。

アプリのマネタイズにはいろいろな種類があり、さまざまな戦略が毎日にように生まれています。そこで必要になるのが、ビジネスに最も適した戦略を決定することです。

このトピックでは、現在のモバイルアプリ市場において最も一般的なマネタイズモデルを検討し、収益の向上をサポートします。主な要点は次のとおりです。

マネタイズには直接的な手法と間接的な手法があります。たとえば、直接購入やアプリ内広告はわかりやすい収益源ですが、より間接的な方法で企業の収益に貢献することもできます。たとえば、ブランドロイヤルティの構築や、カスタマージャーニーを促進するツールの提供も、収益の増大につながります。

複数の収益化戦略を組み合わせることがますます一般的になっています。数多くの収益化オプションが存在するなか、賢明なアプリデベロッパーは、さまざまなオプションを新しい方法で組み合わせることを常に心がけています。 ビジネス目標、アプリそのもの、そしてターゲットユーザーに最も適したオプションを見つけるには、調査や実験が必要になる場合があります。

Amazonは新しい収益源を生み出すことに常に取り組んでおり、この貪欲さは同社のアプリ戦略にも反映されています。 同社は、主力製品であるショッピングアプリに加え、サブスクリプションベースの音楽/動画ストリーミングアプリを提供しています。また、最近では音声アシスタントのAlexaをリリースし、新しいテクノロジーを使って同社のさまざまな製品を利用できるようにしています。

具体的な収益化戦略を学ぶ前に、次のレッスンでアプリ市場の現状を見てみましょう(詳しくは「ビジネスチャンスの発見」トピックをご覧ください)。

学習を続ける

次のレッスンでは、世界のアプリ市場の現状を確認し、世界的規模での収益化とブランドロイヤルティの構築について検討します。

次のレッスン前のトピック