ランキング

Search for any app

究極の立体<切断>

パブリッシャー: WonderLab Inc.
価格: トップ無料

ランキング推移

究極の立体<切断>における、 米国のダウンロードランキング推移を確認しましょう。

ランキング推移は、究極の立体<切断>アプリストアにおけるAmazon Appstoreの人気の推移を表示します。各国、カテゴリ、デバイスごとに、毎日・毎時間における究極の立体<切断>のパフォーマンスの履歴を追うことが可能です。

無料登録をして、さらに詳しくチェックしましょう!

ASO (アプリストア最適化)

あらゆるアプリのトップキーワードをトラックできるだけではなく、任意のキーワードにおいて、どのようにアプリの検索結果が推移しているか確認することもできます。

アプリレビュー・評価

アプリのレビューや評価を確認し、ユーザーからの重要なフィードバックを得ましょう。任意のバージョン、国、期間を切り替えて、バグやユーザーの声を確認できます。ここから自社アプリを改善するヒントを得ましょう。

フィーチャー

各アプリストア、日付・国・デバイス・セクションなどにおいて、いつ・どこでフィーチャーされたのか確認することができます。

アプリ詳細

◆立体切断はなぜ大事?
- 中学入試の頻出分野。断面の正確な作図が必須!
立体の切断は、中学入試算数における頻出・重要分野です。大問として出題されることが多く、切断面を正確に作図できないと、大問を全て落としてしまうケースも少なくありません。正確に断面図をイメージし、描けることが、問題に取り組むための大前提となるのです。
- 黒板や紙では身につきにくい!
高度な空間認識力、イメージ操作力が求められるため、立体切断は対策が難しいと言われてきました。黒板や紙などの平面でどれだけ学習しても、その時は分かった気になっても、すこし角度が変わったり、切断点が変わると、全く分からなくなってしまうケースが多いのです。お家で野菜やスポンジを切ってみるなど、試行錯誤してきたご家庭も多いはずですが、この方法では、複雑な図形や切断面を再現することは難しく、反復学習にも不向きでした。
- マスターすれば大きなアドバンテージに!
重要分野にも関わらず、多くの受験生が苦戦しているということは、マスターすれば大きなアドバンテージになります。『究極の立体<切断>』は、①自分で立体を動かし、切りながら、②厳選された中学入試の頻出問題を、③三原則に沿ってなんども反復学習する、という三点を実現し、これまでの学習とは全く異なるアプローチで立体切断を得意分野にできる、唯一のアプリです。
◆立体切断の3原則
1.「同一平面」: 「同じ平面上に2点ある場合、切り口は必ずその2点を結んだ直線上を通ります。したがって、同じ平面上にある点は結ぶことができます。
2.「平行」:面同士が平行な場合、それぞれの面にできる切り口の線は必ず平行になります。したがって、面Aと平行な面Bにすでに線が引かれている場合、面Aには、点を通り、かつ、面Bの線と平行な直線を引くことができます。
3.「延長」:切り口の線と立体の辺を延長することで、その交点に、立体の外で切り口が通る点を見つけることができます。見つけた点から1.「同一平面」や2.「平行」を使って線を引くことができます。
◆本教材の目的
日本の中学入試算数には、純粋な思考力やイメージ力を問うような、趣深く素晴らしい問題が溢れています。
本来、こうした問題に対峙し、紐解いていく行為は、知的なワクワクをともなう、エキサイティングな経験であるはずだと私たちは考えています。
一方で、求められる思考力やイメージ力が高度であるため、これまでの紙や黒板での学習では、その成果は「生まれ持ったセンス」とされがちだったことも確かです。
私たちは、中学入試算数が、誰もがワクワクしながら取り組める、知的躍動を伴う学習となっていくことを願い、まずは頻出分野であり、苦手意識を持つお子さまも多い「立体の切断」をテーマにしました。
アプリだからこそ、立体を手に取るように再現できます。完璧に

ASO (アプリストア最適化)

ユーザは、アプリを探す際に、どのようなキーワードで検索しているでしょうか。 適切なキーワードを設定することで、アプリはユーザーの目に留まりやすくなり、ダウンロード数・売上の向上に繋がります。App Annieは、数百万のキーワードをトラッキングしています。この機能を活用いただくことで、アプリのダウンロード数を伸ばしたり、競合のアプリがどのようなキーワードに強いのかを知ることが可能です。

アプリレビュー・評価

レビューや評価をチェックして、究極の立体<切断>に対するユーザーの気持ちを知りましょう。

0

0 評価

App Annieで、様々なアプリのデータを知り、アプリ業界のトレンドを把握しましょう。