導入企業例

Mattel

Mattelがブランドのモバイル化を推進した方法

業界

Entertainment, Games, Kids

本社:

El Segundo, California

主なアプリ

Barbie Fashionistas

App Annie Intelligence の詳細はこちら

背景

今の時代、Mattelのおもちゃを知らずに育つことは、ほぼ不可能でしょう。同社はBarbie(バービー)、Hot Wheels(ホットウィール)、Fisher-Price(フィッシャープライス)、Monster High(モンスター・ハイ)、Thomas & Friends(きかんしゃトーマス)、UNOをはじめ、数々の世界的なブランドを手がけています。

2010年に初のモバイルアプリをリリースしてからの4年間、Mattelにとってアプリは店頭に並ぶおもちゃの補助的な存在でしかありませんでした。アプリは「子供たちのお気に 入りブランドをモバイルアプリ上でも楽しめる、ちょっとしたコンテンツ」にすぎなかったと、Mattel でグローバルアプリ&ゲーム担当責任者を務めるClinton Wu(クリントン・ウー)氏は述べています。しかし、時代は変わりました。「アプリのクオリティは改善し、ユーザー 体験は深みを増しています。今では自社のブランドを強化し、拡大するうえで、モバイルプラットフォームは非常に重要なものだと認識しています」。

ウー氏のチームは現在、子供をはじめとした幅広い世代で構成される世界中のファンに届くよう、より質の高いアプリを提供することに力を入れています。「Mattelは企業として子供を感動させ、自社のブランドストーリーをモバイルという第2の画面上でも展開したいと考えています。子供たちにとって、デジタルと実世界の遊びの区別はありません。私たちはそんな子供たちのために素晴らしい体験を創造したいのです。今、この業界にいるのはとてもエキサイティングなことです。」とウー氏は語ります。

幅広い世代のユーザーを魅了する

Mattelのアプリは、認知度を高める特別な取り組みをしなくても、3~4歳という幼い年齢の子どもたちに、通常はスマートフォンを通じて届くといいます。その一方、苦労するのは、アプリのコンテンツを常に新鮮に保ち、ユーザーの成長に合わせてユーザー体験を進化させることです。

「一定の年齢を超えると子供はおもちゃをあまり買わなくなるかもしれません。」とウー氏。「それでもまだ、当社ブランドへの愛着が残っているものです。そのような世代に向けたアプリを開発するのが、私たちにとってのチャンスです。」チームは、そうした顧客体験を前面に出す戦略を練る必要がありました。

そこでMattelのチームは、App Annieの『Intelligence』のデータを活用して目標を設定し、幼児〜子供向けのゲームに落とし込みました。これはおもちゃメーカーにとって大きな転機となりました。おもちゃの場合はひとたび店頭に並ぶと後から変更はできませんが、アプリは常に手を加えられるからです。App Annieを導入したことで、「業界が今どんな方向に進んでいるか、どんなゲームの仕組みが多くのオーディエンスをつかんでいるかを把握できるようになりました。」とウー氏は述べています。

App Annie が事業展開に役立つ情報を提供

Mattelの世界的なリーチを拡大することは、常に重要な課題です。「アプリのダウンロード数と収益の成長を国別に見たいと考えており、App Annieのおかげで、力を入れるべき地域が明らかになりました。」と言います。

App Annie の『Intelligence』により、競合アプリのダウンロード数、収益、およびアクティブユーザー数の推計値が、新規リリースのたびにどう変化するかがわかります。これによって、Mattelチームは、ユーザーと彼らが次に望む機能がわかるようになり、自信を持ってアプリの新機能を提供することが出来るようになりました。

「私たちが求めていたのは、パフォーマンスを分析して市場を知る手段です。App Annieは最も網羅的なデータを、便利な形で提供してくれました。」――クリントン・ウー氏

例えば、Mattelのチームは、ゲームアプリ Thomas & Friends: Race Onを世界で最もダウンロードしている市場が中国だとわかって、戦略を変更します。「私たちは今や中国を念頭により多くのアプリを開発しており、同国でパフォーマンスの良いライバルも監視しています。」とウー氏は説明します。

『Intelligence』の別の活用事例として、研修や、ステークホルダーへの情報公開にも役立てています。「アプリ分野のリーダーを目指すMattel にとって、App Annie のおかげで、社内の各チームは業界最高レベルのベストプラクティスや、指標、予測値を用いることができています。」とウー氏は述べています。

『Intelligence』が導く強力なパートナーシップ

アプリアイデアの実現に最適なパートナー探しも、Mattelが注力する分野です。App Annie の『Intelligence』が提供するデータによって、Mattelが想定するユーザー属性と同じ層に向けたアプリの開発で実績のある開発会社を見つける作業が楽になりました。

これは一層価値のある提携の構築につながりました。「App Annieによって、高品質なアプリを開発できる最高のパートナーを、ピンポイントで見つけられるようになりました。このようなパートナーシップは、当社ブランドの価値を高めるサービスとしてのアプリの構築に役立っています。」とウー氏は語りました。

ユーザー体験の向上から提携に向けた情報収集まで、App Annieの『Intelligence』および『Audience Intelligence』が提供するデータは、Mattelのさまざまなおもちゃブランドと、それらを愛する子供たちやファンとの間に、ロイヤルティーを構築する重要な役割を果たしています。

その他の顧客ストーリー

株式会社集英社

『ONE PIECE』や『DRAGON BALL』など⽇本を代表する漫画作品を数多く抱える株式会社集英社。出版 起点のビジネスをデジタル領域で拡⼤する中で、10年、20年先を⾒通した新しい事業作りを⽬指す取り組み についてお伺いしました。

東宝株式会社

ゲームの新規事業の立ち上げ、モバイルを使った収益化の戦略についてお話をお伺いしました。

株式会社ミクシィ

日本を代表するゲームアプリのユーザー獲得、マーケティング戦略