導入企業例

Outfit7

Outfit7、世界のモバイル成長の最大化にApp Annieを活用

業界

Entertainment, Games

本社:

キプロス

主なアプリ

My Talking Tom, Talking Tom Gold Run

App Annie Intelligence の詳細はこちら

概要

Outfit7 Limitedは2009年、Talking Tomで有名になりました。この時期、Outfit7はほかにもたくさんの人気キャラクターを登場させ、動画とテレビにも進出した一方、アプリゲーム市場の状況も大きく変化しました。モバイルアプリのダウンロード数が70億件を超え、今も増え続けているOutfit7にとっても、成功し続けることは簡単なことではありません。

課題

さまざまなメディアに進出したOutfit7ですが、ビジネスの中心は依然としてモバイルエンターテインメントです。モバイルゲーム市場は成熟が進み、競争が厳しくなるなか、成功のレベルを維持し、できれば高めるというのがOutfit7の主要な課題になっています。Outfit7のデータアナリティクス担当VP、イェルネイ・チェセン氏は「当初はとにかくゲームをローンチすることが重要で、ダウンロード数と収益は後からついてくるだろうという姿勢でしたが、今ではトップであり続けるためにやるべきことがはるかにたくさんあります」と述べています。

それまでオーガニックな成長に頼ってきたものの、Outfit7の経営陣はすぐに、より計画的なアプローチで成長戦略に取り組む必要があることに気づきました。そこで、有料ユーザー獲得施策を実施してダウンロード数を増やし、ユーザー行動を詳しく理解してエンゲージメントを向上させ、最終的にアプリ内購入を増やしたいと考えました。そのためには、自社のデータと簡単に統合できる、信頼性の高い外部のデータソースを利用して、アプリゲーム市場の状況をより広範に把握することが必要でした。

Outfit7は2016年にApp Annieを導入しました。「私たちがApp Annieを選んだ理由は、App Annieが今日のアプリ市場に関する最も包括的で正確なデータを保有しているからです」とチェセン氏は語ります。

結果

Outfit7は、App Annieから提供されるデータをあらゆるビジネスで活用しています。特筆すべきは、既存のAPIを使ってApp Annieのデータを自社のほかのデータと統合し、リアルタイム入札の有料ユーザー獲得システムを構築している点です。同社は専用のダッシュボードを利用して、ベンチマーク、アプリのパフォーマンスに対して新機能がもたらすインパクト、ASO対策、ユーザー評価を分析しています。

「App Annieのデータをフィーチャーした当社のダッシュボードは、すべての部署が連携するための重要なツールとなっています。市場を包括的に概観できるため、損益分岐点、好調な分野、トレンド、ダウンロード数を把握し、収益を分析して、オーディエンスに関する重要な示唆を獲得できます」とチェセン氏は話します。

さらに、追跡しているデータを実用的なビジネスインサイトに簡単に応用できるようにするため、App Annieの顧客サポートチームが重要な役割を果たしています。「App Annieのチームは、導入初日からすぐに私たちとオープンな関係を築いてくれました。当社の窓口を務めるサポート担当者が、私たちのどんな要望にも迅速に対応し、私たちにとって最善かつ最適なソリューションを見つけ出そうと奮闘してくれます。私たちの意見では、App Annieのサポートチームこそが、App Annieが提供する最も重要な価値なのです」とチェセン氏は締めくくっています。

利用開始

App Annie Intelligenceの詳細はappannie.com/jp/intelligenceをご覧ください。

その他の顧客ストーリー

株式会社集英社

『ONE PIECE』や『DRAGON BALL』など⽇本を代表する漫画作品を数多く抱える株式会社集英社。出版 起点のビジネスをデジタル領域で拡⼤する中で、10年、20年先を⾒通した新しい事業作りを⽬指す取り組み についてお伺いしました。

東宝株式会社

ゲームの新規事業の立ち上げ、モバイルを使った収益化の戦略についてお話をお伺いしました。

株式会社ミクシィ

日本を代表するゲームアプリのユーザー獲得、マーケティング戦略