調査ブログ

ブログを検索

App Store Optimization

ホリデーシーズンのためのASO対策とは

App Annie

ホリデーシーズンの買い物客からアプリに関心を持ってもらうための戦略を、大手小売アプリのASO対策から学びましょう。

小売企業にとって1年で最も忙しい時期がやってきました。小売業者は、ホリデーシーズンの主役や脇役をモバイルアプリに期待するところが増えるにつれて、たくさんのアプリの中で自社アプリをひときわ目立たせるという課題に直面しています。そこで、アプリパブリッシャーが駆使しているこのシーズンのASO対策のテクニックをいくつかまとめてみました。取り上げる主な技術は以下の5つです。

  1. アイコンを変更する
  2. スクリーンショットを切り替える
  3. 説明文にターゲットキーワードを追加する
  4. 新機能や関連機能に注目を集める
  5. 競合の動向を確認する

1. アイコンを変更する

アイコンはアプリで真っ先に目に留まるポイントであり、ユーザーの印象に残ります。ホリデーシーズンに向けたセールを準備していることを潜在的な新規ユーザーに知ってもらいたいなら、そのことがわかるようなアイコンへの変更を検討しましょう。

Walmartは、冬季休暇に向けたセールを準備していることを知ってもらうために、Google Playでオリジナルのアイコンに雪の模様を追加しました。このように目に見える変化をつけることで、ユーザーを楽しい気持ちにさせると同時に、シーズンに合わせたセールの実施をそれとなくアピールできます。

walmart-icon-switch

Walmartは11月10日、セールの楽しい雰囲気を表すために、冬のテーマをアイコンに付け足しました。

米国外の小売業者も同様の戦略を採用しています。中国では、ショッピングデーとして知られる「独身の日」の11月11日に、小売業界の売上高が177億ドルに達しました(前年のブラックフライデーの収益を大きく上回っています)。中国で人気の高い小売業者AlibabaのアプリAliExpressは、ロゴを 「11.11」を含んだデザインに変更。セール品や流行の商品を取り揃えていることを買い物客にアピールしました。

aliexpress-singles-day-icon-1111

アイコンに「11.11」という文字を入れAliExpress

2.スクリーンショットを切り替える

さまざまな小売アプリが、アプリストアのスクリーンショットをホリデーシーズン風に変更しています。これは、ホリデーシーズンの目玉商品や広告を掲載し、ホリデーシーズンに向けたセールに注目を集めるためです。

クーポンアプリのFlippは、iOSとGoogle Playの両方でスクリーンショットを更新し、ブラックフライデーのセール品のカタログを公開したことを知らせるバナーを加えています。

flipp-coupon-black-friday

Flippは11月11日、スクリーンショット(左)を更新し、ブラックフライデーの宣伝を追加しました(右)。

3.アプリページにターゲットキーワードを追加する

アイコンやスクリーンショットを飾り立てるだけでなく、アプリの名前と説明文に値引きを示すキーワードを追加して、消費者にダウンロードを呼びかけているブランドもあります。これは、アプリストアを見に来た人にセールのことを知ってもらうだけでなく、このシーズンに狙いを定めたキーワードを活用するのにもよい方法です。App Annieの『Keyword Explorer (ASO)』を利用すれば、オーガニックにたくさんの消費者を集めているキーワードを見つけ、アプリストアのページに優先して使うことができます。

TargetはGoogle Playで、アプリの説明文をタイムリーなキーワードを含むものに変更したほか、アプリ名に「Plan, Shop & Save(計画なお買い物で節約を)」という文言を追加しました。この言葉を追加することで、プレゼントの購入を計画したり、お得なクーポンを見つけたり、買い物をしたりするのに、Targetアプリが最適なツールだと訴えかけているのです。

オンラインショップアプリのJetは、オンラインショッピングの日であるサイバーマンデーの顧客の獲得を重視しています。現在、このアプリはiOS App Storeでサイバーマンデー関連キーワードの上位につけており、「Cyber Monday」(サイバーマンデー)というキーワードでは第3位を獲得しています。

jet-keyword-holiday-cyber-monday

Jetはホリデーシーズンに関連する複数のキーワードで5位以内にランクイン

クーポンアプリのEbatesは、説明文を変更し、ホリデーシーズン限定で購入できるお買い得品を紹介しています。

ebates-updated-holiday-description

Ebates更新後の説明文(右)は、ホリデーシーズンのショッピングに最適な特典の宣伝に力を入れています。

とはいえ、狙っていたホリデーシーズン関係のキーワードで競争が激しくなっている場合は、現実的な策を取らざるをえません。この時期には「Black Friday」(ブラックフライデー)というキーワードが多用されており、ホリデーシーズンのプロモーションを実施している一般的な小売アプリではなく、ホリデーシーズンの買い物のためだけに開発されたアプリが検索結果に表示されることがよくあります。ASO戦略を調整するにあたっては、今の時点で自社アプリに良いパフォーマンスをもたらしているキーワードを優先し、質の高いユーザーが得られていないキーワードを使って埋没することがないようにしましょう。

4. 新機能や関連機能に注目を集める

小売業者は、全体的なショッピング体験を高めるために革新的な機能を追加しています。製品のロードマップを策定するにあたっては、そのような機能をホリデーシーズンに向けて準備できるようにしましょう。Amazonは大半の小売業者に先駆けてブラックフライデーへの準備を整え、11月初旬から2カ月間のキャンペーンを開始しています。さらにAmazon は、キャンペーンと並行して、ユーザーがアップロードした写真から商品を識別する価格比較ツールや、配達された荷物をスキャンすることで荷物を開く前に何が入っているか知ることができるバーコードリーダーなど、顧客体験を念頭においたいくつかの新しい機能を発表しました。  

また、Victoria’s Secretは、よりシームレスなショッピング体験を作り出すため、デジタルウォレット機能を11月7日にローンチ。ユーザーが、デジタルウォレット内でギフトカードと電子ギフトカードを管理したり、店舗とオンラインのクーポンをすべて1カ所に保存したりできるようにしています。

5. 競合の動向を確認する

ホリデーシーズンのASO戦略の見直しができたら、その戦略を競合の動向と照らし合わせてみましょう。たとえば、おもちゃは小売業者にとってとりわけ競争が激しい市場と言えます。その中でTargetは、11月初旬から「Toys R Us」(トイザらス)という検索キーワードでトップ10以内を維持しています。Targetが行うべきことは、このキーワードを活用して順位をさらに上げ、競合アプリを探している消費者を獲得できる方法を検討することです。

target-keyword-toys-r-us-holiday

Targetは競合アプリに関連したキーワードでトップ10に入っています。

Keyword Explorer (ASO)』の最新機能である「トラフィックシェア」を使うと、アプリパブリッシャーはASO戦略のそれまでの変化を探ることができます小売業者は、パフォーマンスが良かった過去の戦略を学び、一定のキーワードで改善できる部分をより正確に特定できるようになります。クーポンアプリのBlack Friday 2016 Slickdeals Appはこの90日間、「Black Friday」(ブラックフライデー)に関連するキーワードでトラフィックシェアの割合が上昇する傾向にあります。

07-black-friday-2016-slickdeals-app-deals-coupons

ASOは小売業者にとって、ホリデーシーズンのモバイル戦略を向上できるコストパフォーマンスの高い方法です。小売アプリのパブリッシャーはこの時期、1年で最も厳しい競争に直面します。十分なSEO対策をモバイル戦略に取り入れることで、アプリのプレゼンスを向上させ、ひいてはより熱心なユーザーを獲得することが可能になります。

小売戦略にショッピングホリデーのベストプラクティスを活用する

1月11日水曜日太平洋時間午前10時00分、App Annieのサイトにアクセスしてください。小売アプリの成長についての重要な洞察と、ホリデーの支出から収益をあげるベストプラクティスを入手しましょう。App Annieのウェブセミナー「初公開:小売戦略を牽引するホリデーアプリの洞察」の登録は以下から。

holiday-retail-banner

2016 M12 21

App Store Optimization

関連するブログ記事はこちら