Customer Stories

2020年のモバイル市場総括と2021年に成功する方法

Lexi Sydow

2020年は歴史に残る1年でした。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で流行し、経済を変え、日常生活を一変させましたが、消費者がよりいっそうモバイルに多くの時間を割いていることは確かなことです。2020年のモバイル市場を振り返り、2021年に向けて、データを活用したモバイル戦略が成功の鍵を握る理由を解説します。

2020年は歴史に残る1年となりました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で流行し、経済を変え、日常生活を一変させましたが、消費者は、人とのつながり、仕事、学習、余暇時間の手段としてモバイルに多くの時間を割いていることは確かなことです。
パンデミックがピークを迎えたことに伴い、モバイルの利用状況は急拡大し、モバイルの成長はは23年分加速しています。まもなく終わろうとしているこの2020年、モバイルに何が起こったのでしょうか?また、それがビジネスの世界をどのように変え、2021年に企業がモバイルで成功するために、どのような準備をすべきかを解説します。

2020年、全世界の消費支出はiOSGoogle Play1130億ドルを突破、前年比25%の増加

iOSGoogle Playでのゲームアプリと非ゲームアプリの総支出額は年間記録を更新しました。1ドルあたり65セントがiOSで課金された一方、Google Playでの課金も30%近く増加しており、増加傾向が続いています。iOSはなお全世界から消費支出の多くを捻出していますが、競争力のあるAndroidデバイスや、ユーザー基盤の増加により、Google Playは大きな成長を遂げています。

iOSの成長を牽引したトップ市場は米国、日本、英国ですが、20182019年にiOSの消費支出の伸びでトップ市場だった米国、中国、日本とはやや顔ぶれが異なります。
一方、Google Playの消費支出の成長を牽引したトップ市場は米国、日本、韓国となり、20182019年にGoogle Playの消費支出の伸びでトップ市場だった英国が韓国に入れ替わっています。カテゴリー別では、iOSGoogle Playを合わせて1ドルあたり0.78ドルがゲームに使われ、2019年の0.75ドルから増加しました。これは2020年のモバイルゲーム人気が支出を加速させた結果です。非ゲームカテゴリーのアプリでは、アプリ内のサブスクリプションが最も成長を牽引しました。伸び率トップのカテゴリーは、iOSでは「ゲーム」「写真/ビデオ」「ソーシャルネットワーキング」、Google Playでは「ゲーム」「エンターテインメント」「ソーシャルネットワーク」でした。

DISCLAIMER

App Annie is a mobile market estimate service provider. App Annie is not registered in any investment advisory capacity in any jurisdiction globally, and does not offer any legal, financial, investment or business advice. Nothing contained in this communication, or in any App Annie products, services or other offerings, should be construed as an offer, recommendation, or solicitation to buy or sell any security or investment, or to make any investment decisions. Any reference to past or potential performance is not, and should not, be construed as a recommendation or as a guarantee of any specific outcome. You should always consult your own professional legal, financial, investment and business advisors.

2020 M12 9

Customer Stories

関連するブログ記事はこちら