調査ブログ

ブログを検索

Customer Stories

Meituは写真編集アプリで中国市場をいかに攻略したか

App Annie

人気セルフィーアプリから始まりスマートフォンまで提供するMeitsuが12月15日にIPOします。その成功を振り返ります。

中国のセルフィーアプリ大手がIPO

中国の沿岸都市、廈門市に拠点を構えるMeituは、中国で有数のダウンロード数を誇るモバイルアプリデベロッパーとして長く知られています。人気写真編集アプリのMeituPicBeautycamなど、提供アプリも豊富です。なかでも、非常に人気が高いMeituPicは、中国のiOS App Storeでしか公開されていないにもかかわらず、ダウンロード数はすでに800万件を突破しています。

そのMeituが、成功の象徴とも言えるIPOを12月15日に行うことを発表しました。Meituの成功は、中国における写真アプリと動画アプリの将来性がいかに大きいかを物語っています。

meitu-performance

Meitsuによる写真・動画アプリは長期的な成功を収めています。

セルフィー世代が後押したMeituの成長

Meituは企業として、1つのことに集中して成果を上げるという王道を歩んでいます。最初にリリースしたのは、美图秀秀というオンライン写真編集プラットフォームで、後に代表作となるMeituPicはこのプラットフォームから生まれました。美图秀秀は2008年、デスクトップPCを使ってオンラインで写真を編集する新しい方法を提供し、中国のネットユーザーに革命をもたらしました。写真の修整がプロの写真家の専売特許だった時代を終わらせ、全国的な写真編集ブームを巻き起こしたのです。

Meituは、2010年代始めにモバイルに焦点を移すと、女性を中心とする中国の若年層に狙いを定め、またしても成功を収めました。2013年には、自動修整機能が売りのBeautycamを公開して、有名人を起用したプロモーションを展開。このアプリは、中国のiOS App Storeの「写真/ビデオ」カテゴリーでトップ5を維持しています。

beautycam-ranking

Beautycamはこの1年間、中国のiOS App Storeの「写真/ビデオ」カテゴリーでトップ5から脱落したことがありません。

2014年には、Vineをきっかけに短編動画が流行したのを受け、短編動画の共有プラットフォームMeipai(美拍)を公開しました。Meituはここでも、コンテンツ編集の敷居を下げることに注力(しかも今回の対象は動画です)。わずか数タッチで動画に効果を加えることができるようにしました。リリース以降の累積ダウンロード数は、中国のiOSだけで500万件を突破しています。さらにこの数年で、Meipaiは中国有数のライブストリーミング・プラットフォームへと姿を変えています。

meipai-meitu-phone

Meituのスマートフォン製品の最新作「Meitu M6」

常に次のフロンティアを目指す企業が、ソフトウェアで起こしたイノベーションをハードウェアにもたらそうとするのも驚きではありません。Meituは2013年に独自のスマートフォンのラインアップを発表。同社の写真編集アプリをプリインストールする戦略で、女性ユーザーから好評を得ています。Meituのスマートフォンはこれまでに数回アップデートされましたが、中国のスマートフォン市場で競争力のあるプレイヤーとしての地位をキープしています。

Meituの次なるフロンティアは、マネタイズ

Meituは香港でのIPOで6億3000万ドルほどの資金を調達できると見られており、新しいマネタイズ手法を実験するための膨大な資金を確保する見込みです。同社はすでに、モバイルコマースなど新しい領域に参入する意向を明らかにしています。

市場をかき回すために自らのルールを書き換えることをいとわないMeituが、同社の中心的なユーザー層からどのようにマネタイズをしていくのか、これからも目が離せません。

より良いアプリビジネスを構築しましょう

アプリ関連のアップデートを見逃してはなりません。App Annieのブログで、無料のアプリ業界レポート、カンファレンスの最新情報、役に立つガイド記事をご覧ください。ご質問やご意見も歓迎です。Twitterでのシェアをお待ちしています。

2016 M12 21

Customer Stories
Top and Trending Apps

関連するブログ記事はこちら