調査ブログ

ブログを検索

Customer Stories

App Annie、2016年 世界収益ランキング トップ52社を発表

App Annie

本日、App Annieは 2016年Top Publisher Awardsを発表いたしました。通年でのアプリ収益における世界トップ52社をトランプカードに掲載する形で2011年からはじまったこの試みも今年で6回めとなります。今年は、例年の世界収益トップ52社に加え、日本国内での非ゲーム収益、ダウンロード数、MAUに基づいたランキングも発表しています。

ランキングの顔ぶれを見ていくと今年また多くの順位変動や、新規参入が見られ、アプリ業界の変化の速さがうかがえます。

まずは世界収益トップ52社を見て行きましょう。

例年、TOP10のランキングはあまり順位変動しませんが、今年は違いました。中国のTencentが初めて首位を獲得し(前年6位)、NetEaseは昨年の9位から3位まで順位を上げています。

地域別にみると、アジア太平洋地域がTOP52を大きく占めていることがわかります。国単位では日本が52カ国中17国を占め、首位になりました。

■世界収益トップ52社にランクインした日本のパブリッシャーは下記になります。

mixi、LINE、BANDAI NAMCO、GungHo Online Entertainment、SQUARE ENIX、Sony、COLOPL、CyberAgent、DeNA、KONAMI、SEGA SAMMY、NEXON、GREE、gumi Inc.、Marvelous、KLab、Ateam

続いて日本国内のランキングを見ていきます。
■2016年 日本収益ランキング(ゲーム以外)トップ10

収益ランキング(ゲーム以外)では引き続き好調のLINEが第一位に。さらに、コミックアプリ事業が好調の集英社や小学館、音楽ストリーミングアプリのLINE MUSICやAWAなどがランクイン。アプリ上でエンターテイメントコンテンツの消費がより一般的になってきていることがうかがえます。

■2016年 日本ダウンロードランキングトップ10

 

ダウンロードランキングで第一位に輝いたYahoo Japanは、ニュース・天気・乗換案内など幅広いポートフォリオが生活者のニーズをつかみました。2位のLINEも主力のコミュニケーションアプリのLINEに加え、LINEツムツムやLINE LIVEなど幅広いカテゴリのアプリがダウンロード数を伸ばしました。
■2016年 日本MAUランキングトップ10

食事や料理、カレンダー、天気、乗り換え案内など生活に密着する幅広い分野のアプリがそれぞれ成功をおさめ、アプリが生活のあらゆる場面に浸透していることがわかります。

■2016年のアプリ市場トレンドについて

世界のアプリランキングやより詳細なアプリ業界のトレンドをまとめた「2016年市場総括レポート」は以下から無料でダウンロード可能です。

ダウンロード(無料)

『Top Publisher Award』作成に関する情報

App AnnieのTop Publisher Awardは、2016年1月1日から2016年12月31日までのiOSとGoogle Playにおけるダウンロード数や収益、アクティブユーザー数から作成されます。収益ランキングは、iOS App StoreとGoogle Play Storeでのダウンロード課金とアプリ内課金が対象です。アプリ内広告やアプリストア外のサブスクリプションによる収益は含まれません。
データはApp Annie 『Intelligence』です。『Intelligence』は、アプリストアの市場について業界で最も正確な推計値を提供します。すべてのアプリをApp Annie DNAと結びつけて、子会社を含む企業の全体像を把握できるようになっています。

2017 M03 7

Customer Stories

関連するブログ記事はこちら