調査ブログ

ブログを検索

Customer Stories

5,000万人が使うインフラを目指す。多機能手帳アプリLifebearのグロースを支えるApp Annie

App Annie

多機能手帳アプリLifebearのオーガニックグロースと次への展開を支えるApp Annieのデータ

多機能・マルチデバイスの「最強手帳アプリ」

2012年7月にリリース以来、多機能手帳アプリの決定版として人気を集める「Lifebear」。カレンダー・ToDo・ノート・日記の4機能がひとつに集約されており、iOS、Android、Webブラウザ版があるため、スマートフォンやタブレット、PCなどマルチデバイスで使うことができます。また、スタンプや着せ替えなどカスタマイズ性も高く、若者やビジネスパーソンなど幅広い層から支持されるアプリです。「起業した2011年当時、自分の欲しい手帳アプリがありませんでした。多機能で『紙の手帳』の代わりになるようなアプリを目指しました」と話すのは、株式会社ライフベア代表取締役の中西功一氏。開発に1年余りが費やされたLifebearは、リリース直後から「最強の手帳アプリが出た」などとメディアで紹介され、瞬く間にユーザー数を伸ばしていきました。

当初はユーザー獲得に注力し、マネタイズには力を入れていなかったものの、現在ではアプリ内広告、有料版によるマネタイズに加え、2014年7月からはauスマートパス会員向けにプレミアムプランを提供しており、それが収益の3本柱となっています。

 

自己資金での創業。オーガニックでの成長のためにApp Annieデータを活用

当時アプリを提供するスタートアップを取り巻く環境が整っていなかったこともあり、外部からの資金調達をせず自己資本で運営を続けてきたライフベア。広告出稿に頼ることなく、オーガニックでのユーザー獲得で成長を実現してきました。

2016年にApp Annie Intelligenceの導入を決めたのは、ストアでの総合ランキング上位獲得が狙いだったと中西氏は振り返ります。「当時、オーガニックでのダウンロードを増やすためには総合ランキングに入るのが重要でしたが、Lifebearはそこに入るか入らないかで推移していました。そのため、いくつダウンロードされればランクインするのか、明確な数字が知りたかったんです」。

データを基に現在の立ち位置と、目指すべきポジションの差を定量的に把握することで、施策の方向性が見えやすくなると中西氏は言います。「あと何ダウンロード増加すれば総合ランキングに入れるのかが知りたかったんです。もし、そこの差があまりないのであればASO強化のような対策でランクインすることができると思いますし、乖離が大きいのであれば、広告出稿やアプリ自体にネットワーク効果があるような機能を入れる必要がある、という具合に打ち手が見えやすくなります」

また、オーガニックでのユーザー獲得の要でもあるASOの強化においてもApp Annieが活用されています。中西氏はLifebearのASO戦略を以下のように語ります。「弊社の場合、アプリのレビューがよかったのでビッグワードでも上位掲載が狙えました。そこで、小さいワードはあまり気にせず、「カレンダー」「スケジュール」「手帳」「カレンダー無料」のような、ビッグワードを狙っていきました。その上で、App Annieで自社と競合の順位やダウンロードへの効果を見ながらキーワードを入れ替えたりしてきました。」

 

次のステージに向けて、経営者視点・デザイナー視点で、アプリのリニューアルに必要な情報を収集

近々、Lifebearの全面リニューアルを予定しているという中西氏。経営者とデザイナーの2つの役割でリニューアルをリードします。「私の役割は、まずライフベアの代表として、仕様の判断や、どの機能を実装するかといった優先度決めを日々行っています。デザインに関しては、私がプレイヤーとして、iPhone版などを主にデザインしています。」

2つの顔を持つ中西氏は経営者とデザイナーのそれぞれの視点でApp Annieを活用しています。経営者としては、App Annieのデータから見える市場動向を基に、製品戦略や開発の優先度を細かく調整していると言います。「例えば、競合他社のランキングが想定以上に上がってきているとしたら、早くリリースした方がいいので機能を削る。逆に順位がそんなに変動ない状態、市場環境が落ち着いている状態だったら、満足のいくまで一層クオリティを高める。といった判断をしています。」

デザイナーとしては、国内5000万アクティブユーザーという目標に向けて、ユーザーが迷わず使えるデザイン・UIを実現するためにアクティブユーザーランキングを参考にしています。「アクティブユーザーランキングでトップ50位までに入っているようなアプリは皆さん使われている。使われているということはアプリに慣れているということなので、それに近いデザインを取り入れることで、Lifebearにとっては初めてだけど、ユーザーにとっては初めてではないデザインができます。それは一時的なランキングだけを見ていても分からないので、アクティブユーザーランキングはすごく大事だと思っています。」

 

分析ツールや支援サービス提供者とともに描くアプリの未来

「まずはみなさんに当たり前のように使ってもらえるインフラとして、Lifebearのユーザビリティを高めていきたい。そして、『デジタルの手帳ツール』だからこそ実現できる楽しさを追求していきたい。そのなかでは、App Annieで得られるさまざまなジャンルのアプリのデータがとても参考になります。」と中西氏は今後の展望について語ります。

さらに、以下のように、アプリを取り巻くエコシステムの未来にも期待を寄せます。「アプリを開発する会社が最適なデバイス上で、最適な形でユーザーに価値を提供していく中で、App Annieのようなアプリの分析ツールや、支援サービスにも追従して頂き、うまく協力をしていけると、より早く、より品質の高いものをお客様に提供できます。結果、どんどんとユーザーのライフスタイル変化の速度が早まって、世界がより良くなるんじゃないかなって考えています。」 

2018 M10 10

Customer Stories

関連するブログ記事はこちら