Events

「Mobile Leaders Summit」SHOWROOM株式会社 基調講演、ゲームセッション振り返りレポート

App Annie

SHOWROOM株式会社 前田氏を迎えた基調講演、ゲーム業界のトップリーダーーがモバイル最新事情を語るオンラインカンファレンス「Mobile Leaders Summit」のセッションレポートをお届けします。

今回のカンファレンスは、『ニューノーマル時代を生き抜くための「新」モバイル戦略』をテーマに、モバイルに取り組まれている企業様やモバイルにこれから注力したいと考えている企業様に向け、業界の有識者の方々からモバイルに関連する事業の紹介、課題解決のためのヒントを発信いただきました。本レポートは、SHOWROOM株式会社 前田氏を迎えた基調講演、ゲーム業界のトップリーダーの方をお招きしたパネルディスカッションの内容をお届けします。
(本イベントに関する情報は、2020年11月10日(火)時点のものです。)

  • 基調講演 「ファクトベースのプロダクト開発と事業戦略」

 

  • 競争が激化するモバイルゲーム市場でのユーザー獲得と今後の展望

日本のゲーム市場は外資系企業も参入し、競争が激しくなっています。同時に日本企業が海外進出を模索する動きもあります。日本を代表するモバイルゲームパブリッシャーである株式会社ミクシィから片瀬氏、ハイパーカジュアルの分野で次々とヒット作を生み出す仏Voodooの日本代表の Fox氏、世界規模でユーザー基盤をもつIP「ニキシリーズ」を展開するニキ株式会社 CEOの北阪氏をモデレーターに迎え、ユーザー獲得の方法からマーケティングまで余すところなく語ります。

冒頭、「これからのゲームに必要なものは?」という北阪氏の問いに、片瀬氏、Fox氏ともに「プレーヤー以外の人が楽しめるゲームが増える」と言い切ります。見る側にとっても楽しめて、すぐにシェアできるような広がりのあるゲームが増えてくると見ています。

また、片瀬氏はファンマーケティングの重要性について語ります。一部の熱狂的なファンに繰り返し楽しんでもらえる製品を目指すために、これから開発するゲームは誰の心を動かすのかということを常に念頭においているといいます。Fox氏が代表を務めるVoodooは今年、日本支社を開設したばかり。日本のハイパーカジュアルゲーム市場の成長可能性に注目しているといいます。続けてFox氏は「ハイパーカジュアルゲームは、国境や世代を超えて誰にとっても楽しめるシンプルな形が好ましい」と説明します。

さらにミクシィの海外進出の戦略や、注目する同業他社、Z世代へのマーケティングの手法など、ゲーム市場における幅広いテーマについて語り合います。中国のゲームビジネスに15年以上携わってきた北阪氏の視点も見どころです。

2020 M11 24

Events

関連するブログ記事はこちら