調査ブログ

ブログを検索

Events

Mobile Leaders Summit 登壇者インタビュー 株式会社WOWOW

App Annie

アップアニー主催「Mobile Leaders Summit」を開催するにあたり、登壇者の1人、株式会社WOWOW 大原様に現在の市場トレンドと自社のマーケティング戦略、そしてイベント当日に取り上げようとされていることについて伺いました。

Mobile Leaders Summit とは?(詳細はこちら

株式会社 WOWOW マーケティング局 企画部 リーダー 大原康明 様

 

テレビがメジャーなデバイスの時代から、多くのコンテンツを消費者に届けてきたWOWOW。デジタル時代の変遷で、スマートフォンなど消費者が使うデジタルデバイスの変化、動画ストリーミングサービスの台頭。そうした顧客接点が変わってきている中で、WOWOW が実践する、デジタル時代を勝ち抜くための今後のデジタル戦略やプレイヤーが続々登場する市場の捉え方とは?

 

ーー消費者にとってモバイルウェブやアプリなど、モバイルへの可処分時間が増えている中で、注力する事業の基準はどのように考えていますか?

同時配信、放送、見逃し配信の3つが揃ってサービスを提供しています。お客様との接触時間、そしてお客様との接点を増やすという意味で、3つの軸でモバイル、PC、テレビといった複数のチャネルでサービスを提供しています。テレビでの視聴だけでなく、顧客接点が多様化している中では、あらゆるところでの基盤を固めて全方位で戦う必要があると考えています。

 

ーーWOWOWのモバイル活用で具体的な施策があれば教えてください。

これまで、テニスのグランドスラム中継をはじめ、スポーツやアカデミー賞といった番組の生中継や「WOWOWメンバーズオンデマンド」上での生配信を行っていましたが、近年だと、同分野を始め新たな競合が登場してきているという事実もあり、よりお客様にとってコンテンツを見やすい環境を整備していかなければならないと考えています。そこで、昨年の10月から、WOWOWで放送しているコンテンツを「WOWOWメンバーズオンデマンド」でネット同時配信しています。お客様とのオンラインでのコミュニケーションにおいて、企業も変わっていかなければならないと思っています。もちろん、そうした顧客接点において、モバイルは重要なチャネルとして意識しています。

 

ーー 動画ストリーミングサービスの台頭が目立つマーケットをどのように捉えていますか?

WOWOWでは、2012年から番組配信サービス「WOWOWメンバーズオンデマンド」を立ち上げました。ご加入者の方々にお楽しみいただけるオンデマンドサービスです。動画ストリーミングサービスの台頭もあり、この何年かで顧客接点の変化を感じており、また、プレイヤーが増えてきているため、顧客接点を増やさければならないと実感しています。

動画ストリーミングサービスに関しては、海外勢を中心とした動画ストリーミング脅威論といった話もありますが、個人的には、消費者が有料コンテンツや高いクオリティの番組を視聴するために課金する習慣や文化が根付いてくることは、むしろ自分たちにとってもプラスになると感じています。

 

ーー今後、動画ストリーミングサービスとはどのような関係値を築いていきたいと考えていますか?

動画ストリーミングサービスは、重要なパートナーだと考えています。「App Annie」のサービスを通じてみてみると、マーケティングの観点でも、アプリのプッシュ通知を上手く使ってユーザーのセッション数を増やしていると見受けられるので、他社のベストプラクティスを自社のマーケティングにも取り入れられたらと思っています。パートナーとしてのベンチマーク先もあり、ユーザーを増やしている企業がどういうフェーズにいるのか(例えば、コンテンツを増やしているタイミングなのか、課金フェーズなのかなど)を理解しながら、どのようにパートナーとしてビジネスができるのか、自社の戦略策定を行う予定です。

 

ーー顧客接点の多様化、デジタルデバイスの出現やストリーミングサービスが台頭しているにあたり、御社としての新しい取り組みがあれば教えてください。

新規事業開発として、私の領域では、声優のオリジナル番組を制作しています。新規事業を通じて、これまでにない新たな層を取り組み、新規事業を始めるにあたって、若年層の行動データ分析のために、DMPを活用しています。近年だと、声優さんがタレントのスキルセットを持ち合わせていることも多くあり、制作やクリエイターとの繋がりを活かして、コンテンツ制作の幅を広げています。

 

ーーデジタル化の観点や新しいコンテンツ開発にも積極的に取り組んでいるかと思いますが、今後注力したい領域があれば教えてください!

有料放送事業は、新たなお客様にご加入いただくことはもちろん大切ですが、既にご加入いただいているお客様に継続してWOWOWを楽しんでいただく必要がございます。そのためにも、消費者動向の理解は必須だと考えているので、ファッションや食といったライフスタイル分野の消費者の動向はアプリを通じて行動を分析していきたいと思っています。

 

ーーApp Annieのデータにはどんなことを期待されていますか?

たくさんありますが。(笑)ひとつ挙げるなら、いま興味を持っているのは若年層の「行動データ」を取りに行くことです。これは色々な事業を検討するための消費者理解と捉えていますが、例えば番組内で複数の外部企業とのパートナーシップを構築して新しい事業モデルを作る際など、今の人達はいったい何に興味を持っているのか?そこからどうやって収益を出していくのか?そうしたヒントがApp Annieのモバイル市場データからは紐解けると考えています。

 

大原様、ありがとうございました!Mobile Leaders Summit 当日は、App Annie のデータをどのように活用しているか、顧客接点強化というところを軸にした取り組みについての詳細をお話いただきます。

 

2019 M10 8

Events

関連するブログ記事はこちら