調査ブログ

ブログを検索

Market Data

2018年第1四半期の振り返り:Netflixの好調とバトルロイヤルの世界的人気

App Annie

世界と日本の人気アプリをアプリ編・ゲーム編それぞれに分けて見ていきます。

2018年も早くも4分の1が終わりました。1月にリリースした2017年総括レポートでみたような状況とは異なるトレンドも多く生まれています。このブログでは世界と日本のアプリランキングをアプリ編・ゲーム編それぞれに見ることで、この3ヶ月を振り返ります。まずはアプリ編から見ていきましょう。

 

アプリ編:世界ランキング

 

 

収益ランキングの首位は世界各国で好調なNetflixです。動画ストリーミング市場で競い合っていたHBO NowやHuluに差をつけた形になりました。独自コンテンツへの投資を継続し、アカデミー賞も受賞しました。サブスクリプション型のマネタイズであることから、収益は着実に積み上がっています。

長い間、無料で提供されてきたYouTubeが8位にランクイン。2015年から米国など一部の市場YouTubeRedという有料サービスを提供開始しました。YouTube Redを利用すると、動画に広告が表示されない、オフラインでの視聴が可能になる、バックグランド再生ができる、といったサービスが利用可能になります。YouTubeを日常的に使うユーザーにとっては当たり前のものになりつつあるようです。

 

アプリ編:日本ランキング

 

 

Netflixは日本でも9位にランクイン。定額制動画ストリーミングサービスとしては首位に立っています。ポプテピピックなど多くのコンテンツが話題を呼びました。

ダウンロード数で7位に入ったTik Tokはこの四半期で爆発的な成長を見せました。6位のTopBuzz Video に並んで、中国企業により開発されたアプリの存在感が大きくなってきています。

 

ゲーム編:世界ランキング

 

 

続いてゲーム編です。昨年末から話題のバトルロイヤル系の人気が際立つランキングとなっており、ダウンロード数上位10本中3本(PUBG Mobile, Free Fire, Rules of Survival)がバトルロイヤル系という結果になりました。

惜しくもTOP10圏外ですが、中国を中心にアジア各国で人気を獲得した旅かえるが12位にランクイン。アリババが中国展開のライセンスを取得しており、中国語版の開発をする見込です。

 

ゲーム編:日本ランキング

 

 

ダウンロードランキングにはカジュアルゲームが多く並ぶなか、ハードコアな対人・協力プレイゲームであるKnives Outが首位に立ち、バトルロイヤル系が日本でも人気であることがわかります。

また、PSP(Play Station Portable)で人気を博した「勇者のくせになまいきだ」シリーズがアプリ化し、「勇者のくせにこなまいきだ」としてリリース、7位にランクインしています。

 


 

以上、2018年第1四半期のランキングでした。App Annieの無料製品では、最新の日時・月次のランキングを公開しています。下記から登録頂ければ、すぐにご利用開始頂けます。

無料登録

 

★この記事をTwitterやFacebookでシェアする

2018 M04 11

Market Data
Top and Trending Apps

関連するブログ記事はこちら