調査ブログ

ブログを検索

Market Data

過去10年のトップアプリとゲームを振り返る

App Annie

スマートフォンの誕生から10年がたち、2010年代が終わるにあたってこの10年のトップアプリとゲームのトレンドを振り返ります。

この10年での大きな変化:モバイルにおける消費行動

この10年の間で、世界が変わる瞬間というのを目にしてきました。例えば、Airbnb ではホテルを予約する代わりに他人の家を借りる、Deliverloo というフードデリバリーアプリは、食べ物の宅配だけではなく、あらゆるレストランからの宅配を可能にし、PUBG は、外出時でもコンソールゲームと遜色ない質のゲームをプレイすることを可能にしました。このように、モバイルの普及により、消費者の手のひらの上であらゆるインターネットサービスを使うことができるようになり、かつ、世界の変遷の中心はモバイルで起こっているのです。

この10年で最もダウンロードされたアプリ:Facebook とFacebook Messenger

この10年で最もダウンロードされたアプリを調べてみると、Facebook 社の出す4つのアプリ(Faceboook、Facebook Messenger、Whatsapp、Instagram)が軒並み上位を占めています。メッセージングおよびソーシャルメディアアプリは消費者が好むアプリであり、この10年間で上位10のアプリのうち7つを占めています。また、消費者支出に関しては、ビデオストリーミングおよび音楽アプリはNetflix、Pandora Music、Tencent Video が上位5位以内に入っています。 Tinderは、消費者支出の面で10年で最も成功したマッチングアプリであり、Netflix に次いで、総合ランキングで2位になりました。

10年間で最もダウンロードされたゲームアプリ:Subway Surfers

Subway Surfersが過去10年間で最もダウンロードされたアプリゲームであり、インドでの流行により、全ダウンロード(iOS, Google Play 合計)の15%以上を占めたことを知った方は驚くかもしれません。
それぞれ別のパブリッシャーが出すゲームアプリがランクインし、国も様々です。Clash of Clans とCandy Crush Saga は、ダウンロード数と消費者支出リストの両方でランクインするアプリとして際立っています。 また、Monster Strike 、Puzzle&Dragons 、Fate / Grand Order は、この10年間の消費者支出で上位5位のゲームアプリです。

この10年間、モバイルのマーケットは目覚ましい成長を遂げました。 2019年に、アプリストア全体のダウンロード数が5%増加し、また、消費者支出(サードパーティー製のストアを除く)も前年比で15%増加しました。この傾向は2020年も続くと予想しています。

 

2020年にアプリを成功に導くために、App Annie では様々なコンテンツをご用意しています。
ASO 戦略(アプリストア最適化)ガイド
モバイル戦略ガイド

2020年1月には、2020年のモバイル市場をまとめたレポートを発表いたします。情報をいち早く受け取りたい方は以下から事前登録ください。

 

2019 M01 24

Market Data

関連するブログ記事はこちら