調査ブログ

ブログを検索

Market Data

インドと中国の見通し - アプリ市場予測レポート

App Annie

新興市場としてのインド、成熟市場としての中国について分析

モバイルアプリは日常生活に定着しており、その影響は今後も増し続ける一方でしょう。App Annieが『アプリ市場規模予測レポート:2017~2021年』で述べたように、2021年にはモバイルアプリストアの収益が1390億ドル超に、ダウンロード数が3520億超になると見られています。成長を牽引するのは主要市場だけではありません。後発の新興市場も、アプリ経済の成長において中心的な役割を果たすでしょう。

ダウンロード数の国別ランキングでは、現時点でさほど目立たないいくつかの市場が、2021年までに上位5以内に食い込むでしょう。App Annieは、市場の2大リーダーである中国と米国に、インドネシア、ブラジル、インドが迫ってくると予想しています。これらの5カ国が、世界の合計ダウンロード数の54%を占めるようになるでしょう。

インドは特に注目する価値のある市場です。スマートフォンが広く普及することにより、この先わずか5年で驚異的な成長が実現するでしょう。同国のアプリストア収益は、今のところさほど大きな金額ではありません。しかし、年平均成長率は75%になると見られ、2021年には収益が21億ドルに達する見込みです。インドの購買力が成熟市場よりもはるかに低いのは、エンターテイメントにお金を使うよりも節約を優先しがちなインドの文化規範に根ざした特性です。インドは今後数年で、アプリパブリッシャーに素晴らしい可能性をもたらすでしょう。ただし、ゲーム開発企業がこの地域で成功を手にするには、マネタイズの代替手段(たとえば広告など)を考えておく必要があります。

中国は年平均成長率19%で安定した成長を続けており、2021年には消費者支出が2016年と比べて24%増加する見込みです。中国のアプリ市場には、他にはない特徴があります。購買力が成熟市場ほど高くはないものの、他の新興市場より際立って高いことです。さらに、中国の消費者は、エンターテイメント、特にゲームに多く支出する傾向をますます強めています。ただし、中国でスマートフォンのゲームアプリを楽しむ層は、現地のパブリッシャーを支持する傾向があります。したがって、中国市場への参入を目指すパブリッシャーは、徹底的なローカライズと現地企業との提携に注力し、こうした欧米文化とのギャップを埋める必要があります。  
今後5年間に世界規模で進行するアプリ経済の成熟化について詳しく知りたい方は、App Annieの『アプリ市場規模予測レポート:2017~2021年』をダウンロードしてください。

ダウンロード(無料)

2017 M04 14

Market Data
Mobile App Strategy

関連するブログ記事はこちら