Market Data

世界3カ国の消費者が1日5時間以上アプリを利用する時代に

Lexi Sydow

主要12市場の消費者は、1日4時間以上をモバイルアプリに費やしています。

社会人の1日の平均的な自由時間はどれくらいでしょう?

例えば、午後6時に仕事から帰宅して、食事の準備をするとします。その後、午後11時に就寝したとすると、夜、4時間ほどの時間があることになります。そこに通勤時間やお昼休憩を加えると、社会人の平均自由時間は1日当たり5時間と言えるでしょう。

市場によっては、そのすべての時間をアプリに費やしているようです。

2021年第三四半期、1日あたりのアプリ使用時間が過去最高に到達

 2021年第三四半期の「1日あたりのアプリ使用時間」のレポートを発表しました。それによると、インドネシアは世界で最もモバイルに依存している地域として挙げられています。インドネシアのユーザーは、1日に5.5時間という驚異的な時間をモバイルアプリに費やしています。注目すべきは、平均的なユーザーの1日当たりのAndroid携帯電話使用時間が、米国では2021年第二四半期の3.9時間から4.2時間、英国では3.8時間から4.0時間と増加しており、過去最高となっていることです。韓国の平均的な消費者は、モバイルアプリに1日5時間を費やしており、2021年第二四半期の4.8時間から増加しています。日本のユーザーの1日当たりの使用時間は、2021年第三四半期には4.4時間から4.8時間と、前四半期比10%増加しました。オーストラリアでは、7月に新たな感染拡大の波に襲われて全人口2,500万人のうちの半数以上の人が​ロックダウンの影響​(英語記事)を受けた煽りを受けて、アプリ使用時間は前四半期比15%増の1日4.1時間となりました。

この数字は、世界、特に発展途上国における消費者のスマートフォンの優位性を示しています。

実際、トップ5のうち3か国をブラジル、インド、メキシコが占めています(インドネシアと並んで、残りの1か国は韓国)。

一方、今回のデータでは、消費者が1日に4時間以上アプリを使用している国が16カ国中12カ国あることも明らかになりました。 前四半期の8カ国から増加しています​​。

これは、いわゆるアナログメディアとは対照的です。60年の歴史を持つテレビは、今ではすっかり姿を消してしまいました。家族でテレビを囲んでいたテレビにとっての栄光の時代はもう終わりです。​​統計によると、2011年から2021年までの10年間で、​1日のテレビ視聴時間は、3時間​から2.5時間に減少(英語記事)しました。

人々が大半の時間をアプリに費しているとしたら、一体どのアプリに時間を費やしているのか?

その中で、特に際立っているアプリが一つあります。 TikTok​ です。​当社のデータによると、 ​TikTok​は、2021年第三四半期に当社がモニターした地域のうち3つの地域で最もダウンロードされたアプリでした。また、9つの国すべてでトップ5にランクインした唯一のアプリでもありました。​

TikTokが提供している数字が、その優位性をさらに証明しています。同社は今年9月に、 アクティブユーザーが10億人に達したことを発表(英語記事)しました。​​つまり、世界の8人に1人が毎月​TikTok​​ を利用していることになります。昨年、当社は​ TikTok​​の月間アクティブユーザー数が2021年​​に12億人を突破すると予測していましたが、その実現に向けて順調に進んでいます。

他の地域では、上位を占めているアプリは常連のソーシャルアプリ(​WhatsAppMessenger​、​Facebook​Telegram​​)やビデオ会議ツール(​​Zoom​​、Microsoft Teams​​)です。その他ランクインしたアプリグループは、ドイツの​​CovPass​​、フランスのTousAntiCovid​​ 英国のNHS App​などの新型コロナ関連のアプリです。

ワクチンのおかげで、多くの国がパンデミックの規制をほとんど解除した今、これらのアプリが次の四半期でどのような結果に至るのか、観察する価値がありそうです。

いつものように、「ブレイクアウト・アプリ」のチャートを見ると、より興味深いことが見えてきます。このチャートは、ダウンロードの絶対数ではなく、四半期ごとの成長を測定するものです。つまり、そのシーズンの最新のヒットアプリがわかるものです。

米国では、Remind: Safe Classroom Communication​​がブレイクアウトアプリの1位でした。続いて、新学期の開始とフットボールシーズンおよび新コンテンツの配信開始時期に当たっているためモバイルバンキング用アプリの​​Truist​​と​​ESPN Fantasy Sports​​、Peacock TV​​となりました。​​TikTok​​ は、中国と韓国で2021年第三四半期のブレイクアウト・アプリとなっており、ホリデーシーズンを前に増加している、​​AliExpress Russia​​や​SHEIN(日本でランクイン)​​、フランスの​​Blush Mark​​がそれに続いています。

2021年第三四半期に世界で最もヒットしたゲームは?

モバイルゲームでも大ブレイクしたものがあります。世界的には、My Talking Angela 2​がモバイルゲームのトップでした。同社が「友達シミュレーション」と呼ぶOutfit7の待望の続編にも、期待が集まりました。このアプリが成果を上げたことは、統計にもあらわれています。

もう一つ、好成績を収めたアプリは、Freeplayのハイパーカジュアルなゲーム、Count Masters​で、フランス、英国、ドイツにおいて、第三四半期のゲームダウンロード数チャートの首位を占めました。​ROBLOX​​ はアメリカでダウンロード数、消費者支出、MAU(月間アクティブユーザー数)の3つの分析指標すべてで1位を獲得し、モバイルゲームにおけるメタバースの人気を証明しました。Pokémon UNITE​​は韓国でダウンロード数で1位となったブレイクアウトゲームで、2021年9月22日にリリースされたばかりだということを考えると、たった9日でダウンロード数1位になったわけで、アクションMOBA (Multiplayer Online Battle Arena) ゲームの中では特に印象的でした。

2021年第三四半期における人気アプリとゲームの詳細と各地域市場のパフォーマンスの比較については、App Annieの2021年第三四半期インデックスランキング トップアプリ&ゲームをご一読ください。

本レポートは以下の内容をまとめています。

  • ダウンロード数や消費支出、MAU(月間アクティブユーザー)などの主要指標で見たトップアプリとゲーム
  • 市場を席巻したアプリ​​:ダウンロード数、費支出、MAU(月間アクティブユーザー)ごとに急上昇したアプリとゲーム​
  • グローバルビュー​:2021年第三四半期における11ヵ国3地域のトップアプリとゲーム​

レポートの詳細は下記ボタンをクリックお願いします。

2021 M10 18

Market Data

関連するブログ記事はこちら