調査ブログ

ブログを検索

Market Data

ユーザーあたりの平均収益(ARPU)で各市場を分析する

Eric Thompson

ユーザーあたりの平均収益(ARPU)は、モバイルゲームのパブリッシャーが自社ゲームの状況を把握から、ポートフォリオ戦略を策定、アプリ市場の分析において最も重要な指標のひとつです。この指標を追うことはきわめて重要で、ライバルと自社の相対的な位置付けの理解を深めるのにも役に立ちます。

App Annieの最新レポートでは、iPhoneゲームの月間ARPUが国によってどう違うのかを知るために、中国、日本、韓国、イギリス、米国について分析しています。

特に目立ったのは日本で、収益トップ30のゲームのARPUが、中国、米国、イギリス、韓国の2倍を超えました。日本では高収益のタイトルにRPGが多く、およびゲームのマネタイズがしっかりとしています。中国も、スマートフォンの普及が本格的に始まった2014年第1四半期の10倍という驚くべき伸びを示しています。

Average Monthly ARPU Indexed Top 30 Games Revenue iPhone Japan China United States South Korea United Kingdom

ここで重要なのは、ARPUが国によって異なるだけでなく、ゲームのサブカテゴリーによっても変わってくることです。たとえば米国では、Game of War - Fire Ageのようなエンゲージメントの高いファン基盤を持つコアゲームのおかげで、「ストラテジー」カテゴリーが「パズル」や「アドベンチャー」といったカテゴリーをARPUで大きく上回っています。マネタイズの可能性が最も高い市場を判断する際に、国レベルとカテゴリーレベルのデータを評価することが重要になるのはこのためです。

各国のARPUの傾向とモバイルゲームにおけるARPUの意味を理解したい方は、App Annieの無料レポートを是非ダウンロードして下さい。

レポート全文をお読みになりたい方は、下記のボタンをクリックして下さい。

ダウンロード

このような分析を行ってアプリ市場の理解を深める方法を学びましょうApp Annieの『Intelligence』の詳細をお問い合わせ下さい。

2016 M08 30

Market Data
Mobile Gaming

関連するブログ記事はこちら