調査ブログ

ブログを検索

Market Data

年末年始のアプリデータから見る「人」の思考と行動

App Annie

みなさまは今年は一体どんな目標を立てましたか? アプリの市場データからも、みなさんの意気込みが見えてきます。 思い込みを捨てて、最近のトレンドとしてどんなものがあるのか、みてみましょう。何か新しい発見があるかもしれませんね?

ダイエット、貯金、昇進・転職、資格の勉強などなど、「今年こそ」という意気込みで何か新年の抱負を立てた方も多いのではないでしょうか。そのうち大半は三日坊主で終わってしまう、といったこともよくあるかと思います。

今回はそういった年始に特有の消費者行動の特徴について調べてみました。

お正月休みに特有の傾向とは?

まず、年末年始は仕事も冬休みで、自分の時間がゆっくり取れるという方が多いと思います。家族とゆっくり過ごす、海外に旅行に行って新年を過ごすなど、時間の使い方は様々かと思いますが、スマホに触れている時間が増えていると感じることはありませんか?

データからもその可処分時間の使い方は明確に現れます。下記は主要店舗併用ショッピングアプリの日別の総アプリ利用時間(※ユーザーが一日のうちに各アプリに費やした時間の総和)ですが、年末年始にかけて数値が大きく跳ね上がっていることがわかります。

この時期社会人はボーナス、学生はお年玉が手に入ってお財布の紐が緩むシーズンでもあります。アプリを通じて、事前の情報収集や買い物時のクーポン利用・会員証提示など実際に利用する時間も増えます。実際にデータを見てもその傾向が読み取れます。

逆に企業視点で考えたとき、消費者の可処分時間も可処分所得も大きく動くこのシーズン、どれだけ売上を上げられるかが大事になってくる方もいるのではないでしょうか。

年始に急激な伸びを見せるある特定のジャンル

実はこの中でも特に顕著な伸びを見せるある特定のジャンルが存在します。以下がその主要サービスの日別の総ダウンロード数と総アプリ利用時間の足し上げのグラフなのですが、一体何だかわかりますか? どちらもそれぞれクリスマス前の時期と比較すると約135%ほど増加しています。

そう、マッチングアプリです。

マッチングと一言に言っても、カジュアルなデート、オンライン上でのチャットや動画でのおしゃべり、結婚相手を探すための真剣交際など、その用途は多岐に渡ります。

年齢によっては「今年こそはパートナーを探す!」という目標を立てることもいらっしゃるかと思いますが、その意気込みがDL数や総アプリ利用時間としての数値からも読み取れますね。

あなたの頭の中のイメージと消費者の実際の動き、ギャップが出てきていませんか?

この数値の伸びについてですが、男性ユーザーばかりがこの伸びを牽引していると思っていませんか?女性比率が多いマッチングサービスが存在するのも事実で、一昔前のイメージをずっと引きずったままではミスリードしてしまうリスクもあります。

今回は一例としてマッチングを深く見たが、あなたが今いる業界はいかがですか?

お正月だけでなく、バレンタイン、GW、夏休み、ハロウィン、クリスマスなど、年間を通してイベントは目白押しです。

チャンスと思ってキャンペーンなどを大々的に行ってみたものの思っていたほどの効果が出なかったり、逆に、ふと市場を俯瞰して見てみれば実は大きなビジネスチャンスが転がっていることに気づかず大きな機会損失を起こしてしまっていたり、といったことは頻繁に耳にします。

消費者の行動をしっかり捉え、いま一度自社のビジネスの可能性をどう広げていくことができるのか、一度立ち止まって考えてみる時間を持ってみてはいかがでしょうか?

ご興味をもって頂けた方は以下の問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お問い合わせフォーム

また、App Annie Intelligenceの一部は無料でご利用いただけます。こちらからご登録いただいてお試しください。

無料データツールを利用

 

他の記事を読む

App Annie Intelligenceについて

App Annieについて

2019 M02 12

Market Data

関連するブログ記事はこちら