Market Data

ピッコマ、ローンチより6年以内に消費者支出10億ドルを突破

Lexi Sydow

アプリの成長をモバイルファーストの漫画読者のコミュニティに属する日本の消費者が牽引

株式会社カカオジャパンが発行する「ピッコマ」は、2016年にローンチされており、短期間で累計10億ドル(約1100億円)の消費者支出に到達しています。世界では、これまでノンゲームアプリでは、ピッコマ含めて15個のアプリのみが収益10億ドルを突破しており、記念すべき成功を収めています(2021年10月10日時点)。ここで特記すべきなのは、ピッコマの消費者支出がすべて1つの市場、日本からもたらされたということです。実際日本は、世界で最も収益性の高いモバイルアプリ市場の一つであり、デバイスごとの月間消費者支出が最も高い国です。

ピッコマは、マンガ、SMARTOON、ノベル、オーディオという幅広いカテゴリで約70,000の作品を有しています。「待てば¥0」(23時間ごとに1話ずつ無料閲覧できる仕組み)モデルの運用や、巻ごとではなく話ごとに販売する「話売り」の導入など、現在マンガアプリでは当たり前になっているシステムを切り拓いてきました。また、フルカラー・縦スクロールコンテンツの「SMARTOON」をいち早く配信する体制を整えており、国内トップレベルの供給量を誇ります。これらの革新的なシステムや、コンテンツの幅広さと深さが、幅広い年代のお客様を魅了している理由のひとつです。

現在、iOSアプリの評価は5つ星中4.5星、amazonの評価は80万件にもなっており、モバイル体験の質の高さを証明しています。消費者はアプリを高く評価しており、その体験から得られるコンテンツに価値を見出していることがわかります。これは、アプリでの消費者支出の金額から見ても明らかです。2021年第3四半期、ピッコマでの消費者支出は前年同期比で80%増加しました。


”過去5年間で、特にZ世代の間でピッコマの需要が伸びています。市場参入当時、前例のなかった「待てば¥0モデル」(1日1話無料で読める仕組み)や、フルカラー縦スクロールコンテンツの「SMARTOON」という当社のUSPを通じて、ピッコマは、マンガ好きのみならず、スマートフォンでコンテンツを楽しむ層に幅広くアピールし、マンガを楽しむキッカケ作りや習慣化に成功しています。当社はApp Annieを利用することでマンガアプリのみならず、あらゆるカテゴリのアプリをダイナミックにベンチマーキングできる体制を実現しており、これにより市場での競争優位性を維持しています。

— 金 在龍, 代表取締役社長、株式会社カカオジャパン


モバイルアプリのパフォーマンスをレベルアップする準備はできましたか?App Annieの「2021年モバイル市場年鑑」では、モバイル経済の現状を業界で最も詳細に分析しています。

免責事項:

App Annieはモバイル市場の推計値に基づくサービスを提供する企業です。世界のいかなる司法管轄区においても投資顧問の資格登録はなく、法律、金融、投資、ビジネス上のいかなる助言も行っておりません。本資料のいかなる記述、ならびにApp Annie のいかなる製品、サービス、その他の提供物も、証券や投資の売買、または投資判断に関する提案、推奨、勧誘と解釈すべきではありません。過去の、また今後起こりうる実績に関するいかなる言及も、何かを推奨し、特定の結果を保証するものではなく、またそのように解釈すべきではありません。法律、金融、投資、ビジネス上の助言については、必ず専門知識を持つご自身の顧問にご相談ください。さらに、ここで情報をご提供することにより、App Annieが何らかの表明や保証を行なったとみなされることはなく、また何らかの法律上または契約上の義務を負うことは一切ありません。この情報をお客様に提供したことにより、App Annieに責任が生じることは一切ありません。

2021 M10 22

Market Data

関連するブログ記事はこちら