調査ブログ

ブログを検索

Market Data

飲食のモバイル領域で拡大するファストフードアプリ

App Annie

QSR関連のアプリが米国で急上昇。カスタマージャーニーを通じてユーザーを夢中にさせるために人気プレイヤーが実施していること。

Foodservice app downloads: 2014–2016

アプリがますます日常生活に浸透しており、App Annie の『Intelligence』は、米国におけるダウンロード数が2020年までに150億件を突破すると予測しています。完璧な顧客サービス提供については、業界の枠を超えて企業がその価値を認めていますが、特に消費者向けパッケージ商品(CPG)、運輸、および小売分野の企業は特に重要視しています。

 

フードサービスアプリの1つであるクイックサービスレストラン(QSR)のアプリが急速に増加しており、2014年前半から2016年後半の2年間では米国におけるダウンロード数が年複利成長率(CAGR)で35%も増えています。iPhoneとAndroidのフードサービスアプリの月間アクティブユーザー数(MAU)の上位と、Google PlayとiOS App Storeのフードサービスアプリの米国におけるダウンロード数の上位は、QSRアプリが圧倒的です。QSR事業者は顧客のデバイス上に自社のアプリがあることを重要視し、アプリとストア内の両方で戦略を遂行し、イノベーションにも気を配ります。

本レポート「米国におけるQSRアプリの最新トレンド」では、ユーザーがアプリを通してお気に入りのブランドと関われるよう、パブリッシャーが導入すべきベストプラクティスの概要を説明しています。また、QSRアプリには成長の余地があることから、カスタマージャーニーを改善し無駄をなくす新たな強化点を提案しています。
App Annieのレポート(無料)をダウンロードしましょう。フードサービス分野とQSR分野に関するApp Annieの知見のすべてがわかるばかりでなく、その洞察から顧客との関係をどのよう強化できるのかを知ることができます。  

レポート全文(無料)をお読みになりたい方は、下記のボタンをクリックして下さい。

ダウンロード(無料)

より詳細な情報が必要ですか?

2017 M04 7

Market Data
Mobile App Strategy

関連するブログ記事はこちら