調査ブログ

ブログを検索

Market Data

【電通共同調査】日本のゲームアプリ市場におけるテレビ広告の活用

App Annie Research

ゲームアプリのテレビ広告支出が日本では着実に増加し、2013~2015年の間に1.7倍近くになったことがわかりました。

日本のモバイルゲームプレイヤーは、ほかのどの国とも違います。エンゲージメントが高く、アプリ内課金に積極的である彼らは、パブリッシャーにとって魅力的です。日本では現地のパブリッシャーのほうが好まれており、2015年のモバイルゲーム収益のうち約90%は日本のパブリッシャーが上げたものでした。しかし、海外の企業にもチャンスは残されています。重要なのは、ローカライズと認知度です。

見逃されがちですが、テレビ広告は成長中のアプリにとって重要なユーザー獲得手段です。日本では、新作および比較的古いゲームの潜在的なプレイヤーを再エンゲージするチャネルとして利用されることも少なくありません。

ビデオリサーチと電通が提供するデータを利用して、App Annie は、ゲームアプリのテレビ広告支出が日本では着実に増加し、2013~2015年の間に1.7倍近くになったことがわかりました。このデータから、TV広告は、ゲームパブリッシャーが認知度を確立するツールとして重要度を増していることがわかります。

TV Ad Spend Mobile Games Japan

日本では、テレビ広告キャンペーンを開始してから1カ月以内は、一般に、ダウンロード数の方が収益より増加幅が大きく、収益の増加幅が約25%なのに対して、ダウンロード数の増加幅は、約225%近くに達しています。比較的古いゲームでは、ユーザーの再エンゲージメントにおいてテレビ広告が非常に重要な役割を果たしています。日本のモバイルゲーム市場に参入してから少し時間が経ったPuzzle & DragonsMonster Strikeのようなゲームはまだ、テレビ広告を活用し、収益を上げ続けています。

ジャンル別に見ると、ロールプレイングゲーム(RPG)が、日本のモバイルゲーム文化の中で大きな位置を占めています。マネタイゼーションが効率的であり、ダウンロード数ランキングでも上位を占める傾向があります。広告支出で見ても、RPGへのテレビ広告支出(中央値)は非RPGの1.75倍を上回り、かなりの偏りが見られます。とはいえ、RPGも非RPGも、テレビ広告キャンペーンから確実に効果をあげているのです。

日本におけるゲームアプリの効果的なテレビ広告について詳しく知りたい方は、App Annieのレポート(無料)をダウンロードしてください。

レポート(全文)をお読みになりたい方は、下記のボタンをクリックして下さい。

ダウンロード

より詳細な情報が必要ですか?

 

2016 M09 15

Market Data

関連するブログ記事はこちら