調査ブログ

ブログを検索

Market Data

『ゴールデンウィーク×旅行アプリ』の最新トレンドを調査

App Annie

ゴールデンウィークで旅行に関わるアプリはどのような動きを見せるのでしょうか。

2018年もゴールデンウィーク(GW)の季節です。GW期間中には国内外への旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。App Annieは、直近3年間の「旅行&ナビ」カテゴリのダウンロード数動向や、旅行に関わるアプリの調査を実施しました。旅行アプリの最新動向を発表します。

 

「旅行&ナビ」アプリのダウンロード数はゴールデンウィークで急伸

 

 

まずはGW前後で『旅行&ナビ』カテゴリのダウンロード数動向を調査。iOSとGoogle Playの関連カテゴリの合計ダウンロード数を、毎年4月29日をGW開始日と定義してダウンロード数の変化を分析。毎年GWの週にスパイクが見られます。背景として旅行に役立つアプリへの需要や、それに合わせた各パブリッシャーのキャンペーンが考えられます。

2017年に関しては、旅行ガイド誌「まっぷる」と連動させ、紙面掲載地図のダウンロード機能やクーポン機能が付いたまっぷるリンク、ディズニーランドの待ち時間をお知らせする待ち時間forTDL&TDS、翻訳アプリのVoiceTraといったアプリが大きくダウンロードを伸ばしました。さらに、Google MapYahoo地図などの地図アプリやナビゲーションアプリ、乗換案内のアプリも大きくダウンロード数を伸ばしています。

 

インスタグラムや、ポケモンGOも!?旅行前から旅行後まで、様々なアプリが楽しい旅をサポート

 

 

「旅行&ナビ」カテゴリの動向を見てきましたが、旅行に関連するアプリはこのカテゴリにとどまりません。宿泊予約やナビ以外にも、まずは旅行を考えるきっかけとしてインスタグラムフェイスブック等SNSの投稿を見て刺激を受ける方も多いのではないでしょうか。その上で予約アプリを使い、旅のスケジュールを確定させます。旅行中にはその旅先で人気グルメを探すためにYelpを利用したり、現地でしか出会えない珍しいポケモンをゲットするためにポケモンGOを楽しむ人もいます。旅行から帰ってきた後は、LINEや自身のインスタグラム、フェイスブックで思い出のシェアし、それを見たフォロワーが、新たな旅行への刺激を受けます。今や、数多くのアプリがユーザーの旅行体験を支え、旅行を魅力的なものにしているのです。

 

 

さて、旅行に関わるアプリは多岐にわたりますが、GW前は旅行を計画する段階ということで、ホテルアプリを中心に宿泊施設を予約するアプリの利用動向を調査。

じゃらん楽天トラベルといった日本企業のサービスが上位を占めるなか、国外サービスもランクイン。CtoCの宿泊施設予約サービスとしてAirbnbも5位にランクインしています。従来のホテルだけでなく、“民泊“もアプリを通して利用が広まっていることがわかります。

 

旅行アプリのトレンドを追うことの重要性とは

 

GWのような季節のトレンドはダウンロードや利用を効率よく伸ばす絶好の機会です。自社のデータを見るだけでなく、旅行前から旅行後にかけて、旅行者のデジタル上での行動や、異業種間における親和性の高いサービスなど、定量的に根拠をもって抑えた上で自社の戦略に落とし込めば、このチャンスを最大活用できるでしょう。

 

 

App Annieでは世界中のアプリのダウンロード数や収益、利用状況データを提供しています。データの一部は無料でご利用頂けます。是非お試しください。

無料登録

2018 M04 24

Market Data
Top and Trending Apps

関連するブログ記事はこちら