Mobile Minute

ブラックフライデーとサイバーマンデーの2週間:モバイルショッピングの利用時間予測は1億1000万時間超に

Lexi Sydow

2020年のホリデーシーズンにショッピングアプリが10億時間以上利用されると予測され、小売業者はモバイル広告のチャネルを利用した収益向上を図っています。

モバイルショッピングの現状:

モバイルが今年のホリデーショッピングシーズンの重要なチャネルであることは明らかです。米国人が2020年のプライムデーの週にモバイルで買い物に費やした時間は6100万時間以上(前年比30%増)となり、11月第1週にショッピングアプリに費やしたのは5100万時間以上でした(Androidデバイス。それでもやはり、ブラックフライデーとサイバーマンデーは小売業にとって大きなイベントになるでしょう。というのも、この2週間のあいだに、ショッピングアプリに110  00万時間以上が費やされ、これまでの記録を更新することが予想されています。パンデミックの影響でモバイルデバイスの平均利用時間が14時間20にまで急増していることを考えれば、モバイルが消費者のエンゲージメントと広告の重要なチャネルであることも意外ではありません。 

weekly time spent in shopping apps mobile App Annie Black Friday 2020

ブラックフライデーとサイバーマンデーに向けて、ショッピングアプリへの需要は高くなっています。ダウンロード数ランキング上位のショッピングアプリには、デジタル化した実店舗型小売業者、デジタルファーストの小売業者、ピアツーピア型マーケットプレイス、ショッピングコンパニオンアプリなどが並びます。モバイルショッピングの繁忙期へと向かう11月の最初の2週間に、ショッピングアプリのダウンロード数ランキングでWalmartが首位に立ち、AmazonTargetOfferUpWishと続きました。

top shopping apps by downloads United States black friday 2020

荷物追跡アプリのShopは、ショッピングアプリ全体で7位、コンパニオンアプリの中では1位となっており、小規模小売店や消費者向けD2C(直販)ブランドの力と配達追跡の需要が結びついていることを示しています。Klarna(全ショッピングアプリ中10位)とAfterPayは、ショッピングカテゴリーの中で上位の決済アプリとなりました。

 

モバイルショッピングに注目するべき理由:

ここ数カ月のあいだに、AmazonTargetWalmartMacy'sなどの小売業者がホリデーシーズンに向けた販促を早めに開始したことがわかっています。MoPub 社に、今年のホリデーシーズンに増したモバイルの力を広告主がどのように活用しているかを伺いました。MoPubのデータによると、10月の小売およびアパレルアプリのモバイル広告費は前年同月比32%増だったといいます。こうした成長は、小売業者がパンデミックの試練のなかで競争力を維持し、ロックダウンや活動自粛によって失われた時間を補うために、第4四半期を力強い成長で締めくくるべく努力していることを示しています。

ad spend on retail and apparel mobile apps MoPub Exchange

MoPubのRevenue Manager であるJohn Bonanno氏はこう語っています。「当社のプラットフォーム上で201910月と202010月を比較すると『小売・アパレル』のアプリカテゴリーでの支出が32%増加しています。このデータは、2020年のさまざまな出来事にもかかわらず『小売・アパレル』部門への関心が今なお増していることを示唆しており、モバイルでのホリデーショッピングが大盛況になるのは確実です」

デジタルファーストのショッピングアプリのダウンロード数ランキングで現在1位を獲得しているAmazonは、10月のプライムデー(1013日~14日)のイベントで35億ドルの売上高を牽引し、記録的な成長を果たしました。大手小売業者も10月にモバイル広告へ大金を投じましたが、これはプライムデーに対抗し、ブラックフライデーに向けて販売を促進することを目的としていました。

MoPubBonanno氏はこう指摘します。「202010月後半は、201910月と比較すると、大手小売業者の広告主からの出稿が飛躍的に伸びました。これは、パンデミック期のオンラインショッピングにおける一般的な成長からの機先を制する仕掛けである可能性があります。今年は、そうした大手小売業者の広告主が、例年のブラックフライデーにおける対面型の売り込みに比べて、ブラックフライデーやホリデーショッピングに向けて早めに仕掛けているのです」

big box store mobile ad spend MoPub Exchange holiday season 2020

そして、これらのキャンペーンにおける広告フォーマットの有効性についてはどうでしょうか? MoPubのデータによると、202010月のあいだに、フルスクリーン動画広告と動画リワード広告が大手小売業者にとって最も収益性が高いことが証明され、動画リワード広告のCTRは前年比7.2倍に増加したといいます。

mopub big box store click through rate mobile ads shopping apps

Bonanno氏はこう指摘します。「MoPubがここ数カ月で気づいた興味深いトレンドの1つは、アプリにおけるリワード動画を含む全画面広告フォーマットで、大手小売業者のCTRが増加していることです。これは、広告主がより新しい広告フォーマットへの進出に成功し、オーディエンスをエンゲージしていることを示しています」

 

今後の展望:

広告主は、ブラックフライデーやサイバーマンデーといった主要なホリデーショッピングイベントの期間中に、モバイル利用時間の増加分を活用する絶好の機会を得ています。ただし、この年末商戦期が終わった後も、デバイスの利用率は高い状態が続くと予想されるため、モバイルプロモーションへの長期的な投資も考慮する必要があります。

モバイルがホリデーショッピングシーズンをどのように特徴づけるかについての詳細は、こちらのブログ記事をご覧ください。

2021年にモバイルで成功するための方法についてさらに詳しく知りたい方は、20201210日(木)ウェビナーにぜひご参加ください。

 

 

この絶好の機会をつかんでビジネスを加速させましょう。モバイルについてのご相談はこちら

 

 

DISCLAIMER

App Annie is a mobile market estimate service provider. App Annie is not registered in any investment advisory capacity in any jurisdiction globally, and does not offer any legal, financial, investment or business advice. Nothing contained in this communication, or in any App Annie products, services or other offerings, should be construed as an offer, recommendation, or solicitation to buy or sell any security or investment, or to make any investment decisions. Any reference to past or potential performance is not, and should not, be construed as a recommendation or as a guarantee of any specific outcome. You should always consult your own professional legal, financial, investment and business advisors.

 

2020 M11 27

Mobile Minute

関連するブログ記事はこちら