調査ブログ

ブログを検索

Mobile App Strategy

競合分析でASO対策と広告出稿を改善する方法

App Annie

ASO対策と広告出稿において、競合の情報をどう分析し、自社の戦略に応用すればいいのでしょうか?

アプリの開発、作成、ローンチは、アプリビジネスにおける大きな節目でしょう。しかし、アプリを無事にリリースしたら、今度はユーザーを見つけ、エンゲージしなくてはなりません。そのための良い出発点は、競合の戦略を参考にして、自社の戦略に応用できそうな手法を探ることです。パブリッシャーは、アプリの見つかりやすさの改善とコンバージョンの改善をセットとして扱うことが重要です。その際、自社の戦略を策定するのに役立つのが、競合の情報なのです。

そこでApp Annieは、競合のデータを活用して、ユーザーにアプリのダウンロードと利用を促す方法を、次の3つのポイントにまとめました。

ASO対策を調整する

まずはASO戦略によって、アプリストアのページを最適化しましょう(基本的な内容については、App Annieが公開しているモバイルアプリマーケティングのガイドブックをダウンロードしてご覧ください)。競合が使っているスクリーンショットやアイコンを自社のクリエイティブと比較し、自社アプリが競合ひしめくアプリストアで目立っているかどうかを確認してください。自社のスクリーンショットやアイコンが埋もれてしまっている場合は、いくつか新しい画像をA/Bテストにかけ、どの画像がオーディエンスに最もアピールするか調べましょう。

また、競合が行っているアップデートにも注意を払ってください。App Annieの『Intelligence』を利用すれば、アイコン、スクリーンショット、説明文、アプリ名の変更履歴を、時系列で簡単に追跡できます。このデータがあれば、ダウンロード数の増加に最も影響を与えた変更点を把握し、どの手法を自社アプリに応用できるか検討することができます。

Wazeは先ごろ、アプリの説明文と名前を変更しました。これは、同社がASO戦略をテストしている可能性を示しています。

競合が使っているキーワードにも注目しましょう。その言葉は使われすぎていないでしょうか?自社アプリには、競合が使っていないキーワードにより合致する要素もあるのではないでしょうか?ほかにないキーワードは、アプリストアで見つかりやすさを高めるための優れたツールになります。自社アプリの主要な機能に関連していると同時に、アプリストアで多用されていないキーワードを選ぶようにしてください。また、そのキーワードを説明文に含め、エンゲージメントを最大限に高めるようにしましょう。

たとえば、「TV Shows」(テレビ番組)という言葉は、動画ストリーミングアプリに最適なキーワードといえます。

アプリストアのページに表示される評価とレビューを改善したい場合にも、競合のデータが役に立ちます。レビューした人がよく使っている言葉を調べましょう。その言葉が競合のキーワードに含まれていなければ、自社のアプリに利用できるかもしれません。また、ユーザーの間で高評価の機能と低評価の機能を調べることも、自社アプリの今後の機能導入に役立ちます。

広告ネットワークを選定する

どの広告ネットワークがターゲットオーディエンスにリーチできるかわからない場合は、競合がよく利用しているネットワークを調べましょう。App Annieの広告プラットフォームレポートをチェックすれば、自社のカテゴリーで上位のアプリと提携している広告ネットワークを把握し、広告のリーチを見極めることができます。  

App Annieを利用することで、競合が広告支出をどこに投じているのか、自社と比べてどれほどの効果を上げているのかを知ることできます。また、競合が獲得している新規ユーザー数の背後にある指標を詳しく探り、どんな広告クリエイティブが新規ユーザーを引きつける効果を上げているのか知ることができます。さまざまなメッセージやビジュアル要素が、価値の高いユーザーを呼び込むのに大きな効果を上げている可能性があります。

広告ネットワークを探すときには、人気の高いアプリと提携しているネットワークだけでなく、自社の類似アプリと提携しているネットワークにも目を向けましょう。競合が適切な広告ネットワークと提携しているか、ターゲットへのリーチが飽和状態になっている可能性がないかを確認できます。たとえば2016年12月には、ショッピングシーズンに備えてリーチを拡大するために、複数のショッピングアプリが広告会社のAdMobと提携しています。

App Annieを使えば、AdMobと提携しているショッピングアプリを表示して、競合のクリエイティブが効果を上げたかどうかを調べたり、ショッピングアプリの広告リーチを拡大しそうなプラットフォームがほかにないか調べたりできます。

オーディエンスをよく知る

アプリ開発の最初のステップの1つが、オーディエンスの詳しいプロフィールを作成することです。ここでも競合のデータが大いに役立ちます。併用アプリの利用状況を調べれば、ユーザーの全体像をより完全に把握し、ほかにどんなアプリをよく利用しているのか知ることができます。よく使われているアプリの情報は、広告の掲載場所を検討する際の参考にもなります。

App Annieのアプリ比較機能に競合のアプリを登録すれば、競合のパフォーマンスを手早く知ることができます。競合アプリの全体的な状況を把握し、またランキングが急上昇または急降下した時期を知ることが可能です。さらには、そのような変化をもたらした可能性のある原因を見つけ出し、その知識を自社のアプリに活用できます。新しい地域への参入を検討している場合は、その市場のユーザー属性を把握し、その地域で競合しそうなアプリを見極めましょう。

競合に関する情報は、アプリ開発サイクルのすべての段階において、常に中心に据えるべき洞察です。競合のデータがアプリ戦略の策定にどれほど役立つか知りたい方は、App Annieの『Intelligence』についてお問い合わせください

2017 M04 14

Mobile App Strategy

関連するブログ記事はこちら