調査ブログ

ブログを検索

Mobile App Strategy

モバイル戦略にアプリが必要な理由

App Annie

モバイル用ウェブサイトだけで十分だとお考えですか?深いエンゲージメントを実現するにはアプリが欠かせません。

世界中のマーケティング専門家は、モバイルを戦略に組み込むことに対処する際、往々にしてモバイルウェブとモバイルアプリの基本的な相違を理解する必要に迫られます。どちらかが他方より優れている状況はあるでしょうか?企業が両方を活用して、両方を成功させることは可能なのでしょうか?マーケターは、限りあるリソースをどのように投入するかを検討するとき、どんな要素を考慮に入れるべきでしょうか?こうした質問に応えるため、App Annieは最新レポート『モバイル戦略にアプリが必要な理由』で、モバイル経済におけるアプリ特有の役割を探究しています。

多くの成功しているマーケティング戦略にとってモバイルアプリが必要不可欠になっている真の理由について、レポートで示した洞察の中でも重要な点をいくつか以下で紹介します。

モバイルアプリが育てる消費者のロイヤルティ

モバイルウェブの広範なリーチ(ユーザーはアプリがなくても、少なくともブランドのコンテンツの一部にアクセスできる)を説く意見が多い一方で、ワンタッチのアクセシビリティと、モバイルアプリの小さな画面との親密性が相まって、ユーザーのロイヤルティを刺激するのも事実です。とりわけ、プッシュ通知、ジオターゲティング、リッチメディアのような機能が適切に実装される場合は、一層の効果が得られるでしょう。

モバイルアプリには環境や状況に関係ないイコライザーの機能がある

地域、年齢、動機を問わず、スマートフォンにアプリを入れたらアプリを同様に使うことがデータからわかっています。ようするに、モバイルアプリは、実際の使用によってユーザーの行動が相対的に似ることで、ユーザー間に共通の基盤を作り出すのです。ロシアのような新興市場と韓国のような成熟市場の場合も、13歳と45歳の場合も話は同じです。スマートフォンを手にしたユーザーは、アプリを中心に利用します。データによると、モバイルウェブとアプリをあわせた利用時間のうち、92%をアプリが占めています。

ハードウェアがすべてを備えているため、ほぼ何でも可能だと見られている

モバイルアプリでできることとモバイルウェブでできることの違いは多岐にわたり、その中には多大な影響をもたらす違いもあります。モバイルアプリは、電話だけでなくGPS、カメラ、タッチIDを使えることで、開発者が驚きと喜びの両方を実現できるユーザー体験を届けられますし、素早いタップ操作の利便性も提供できます。今や消費者は、ダウンロードするアプリがスマートフォンの諸機能を取り入れることを期待するようにさえなっています。コンテンツをアプリに変換するだけでは、モバイルに慣れた今の消費者の期待に応えることはできません。

これから数週間をかけて、こうしたアイデアのひとつひとつをより詳細に掘り下げていく予定ですが、まずはこの『モバイル戦略にアプリが必要な理由』をじっくりとご覧ください。

レポート全文のダウンロードには、次のフォームへの入力が必要です。ログインしているお客様は、すぐ下にランキングが表示されます。

2017 M10 31

Mobile App Strategy

関連するブログ記事はこちら