毎年恒例のイベントは今年で8年目を迎えました。このイベントをフル活用するために各小売サービスが用意した戦略とは?

今年8年目を迎える「独身の日」。オンラインショッピングで中国最大のイベントは、さらに記録を更新しました。

「独身の日」という言葉は、1990年代に中国の大学生が、恋人のいない若者たちが自らを祝う日として使い始めたのが発端です。11月11日が選ばれたのは、日付の数字がすべて「1」だから。この記念日は、小売大手のAlibabaが便乗したことで、ショッピングイベントとして大きく発展してきました。「独身の日」の売上高は毎年伸び、さらには中国本土の外にも広がりをみせています。

比較的新しい文化でありながら、その規模はブラックフライデーをすでに上回っています。その日の売上高は、2009年の5200万元(約8億1000万円)から、7年後の今年、1207億元(約1兆8950億円)にまで急増しました。

今年は11月11日のかなり前から、モバイルがイベントの中心に躍り出ました。小売業者がこの1日だけのショッピングイベントをより盛り上げるため、早い場合では10月のうちからセールを開始したのです。App Annie『Intelligence』のデータによると、中国の500万以上のiPhoneユーザーがTaobaoを、100万人以上がTmallをそれぞれダウンロードしました。

「独身の日」は値引き合戦だけでなく、新しい販売キャンペーンも見ものです。消費者の期待が年々高まるなか、小売業者は今年のイベントに期待し、モバイル分野の新技術と既存戦術の探究に取り組んできました。

singles-day-alibaba

11月11日の売上高は2009年以降に急増(出典: 2016201520142013年2012201120102009

小売業者がモバイル決済を深化させる

中国では、オンライン決済サービスがオンライン小売業者と常に歩調を合わせて繁栄してきました。これを最もよく示しているのは、Taobaoとともに、Alipayが急速に普及したことです。厳密には今年の新しい現象ではないものの、小売業者は2016年、モバイル決済をさらに深化させ、中核機能の拡張に取り組んできました。

Alibabaが手がけるバーチャルクレジットカードの螞蟻花唄(Ant Check Later)は今年、Alibabaの利用者に対し、11月11日の購入分を対象にショッピング限度額を増額することで注目されました。10月18日に始まったこのキャンペーンは、11月12日までに総額100億元(約1600億円)分のクレジットを提供。このクレジットサービスが主にAlipayを介して利用されるなか、螞蟻花唄は独身の日を迎える1週間で、中国のiOSダウンロード数ランキングで急上昇しました。

alipay-download-rank-history

螞蟻花唄を介してショッピング限度額の増額を提供することにより、Alipayのダウンロード数ランキングは11月11日が近づくにつれ上昇しました。

Alibabaにとっておそらく最大のライバルであるJingdongは、すぐに「賭け金」をつり上げました。独自のファイナンスアプリ京東金融(Jingdong Finance)を介して、200億元(約3100億円)を提供することを決めたのです。この対抗策は、中国の小売業者が自前のチャネルを介してモバイルファイナンス分野を利用するもう1つの例です。

ゲームで全部捕まえたら値引き

Taobaoは今年、自社アプリのユーザーエンゲージメントを牽引するため、Nianticの戦術を借用しました。Pokémon GOに似たゲーム設定において(AutoNaviが提供するマッピングデータに対応)、Taobaoのアプリのユーザーは、さまざまなブランドの衣装をまとったサイトのマスコットを捕獲するよう奨励されました。衣装の組み合わせによって、11月11日の値引きが変わってくるというルールです。

taobao-and-suning

TaobaoとSuning、店内トラフィックの増加にARを活用

中国の主要な実店舗・オンライン併用型の小売アプリSuningは、オンラインの刺激をオフラインに拡大すべく取り組みました。拡張現実を使ってアプリ内のカードを収集するゲームにより、ユーザーはオンラインの値引きを入手できます。ただしそれだけではなく、Suningの実店舗を訪問してレアなゲーム内カードを探すよう奨励されたのです。App Annieが 小売アプリに関する最近のレポートで取り上げたように、これはモバイル技術を利用して来店者数を増やす賢明な方法です。

国際的な拡大が続く「独身の日」

今年は、Alibabaが正式に香港と台湾の買い物客に11月11日の「独身の日」を紹介した最初の年となりました。消費者は、TaobaoやTmallで現地の決済オプションを使い、購入できるようになったのです。参加している小売業者は、香港と台湾に直接出荷できるようになりました。

App Annieが2015年に取り上げた国際卸売業者Aliexpressも、Alibabaが国外のモバイル顧客にこのショッピングホリデーを促進すべく懸命に取り組んでいるもう1つの例です。このアプリは1日限りのフェスティバルを大々的に売り込み、動画ライブストリーミングのような、中国中で人気を博している新技術を導入しました。

aliexpress

世界各国の他の小売業者も、11月11日の流行に乗っています。最も注目すべきは、スキンケア製品を扱うフランスの小売業者、l’Occitaneの事例です。同社は米国の顧客を対

モバイルのイノベーションこそが重要

この数年で、中国のオンライン小売市場は完全にモバイルを受け入れました。実店舗・オンライン併用型の小売業者は、オンラインとオフライン両方の消費者をエンゲージする技術を磨き、一方でオンラインファーストの小売業者は、モバイルファイナンスやARのような新しい領域に賭けています。

中国の小売業界が発展を続け、市場が成熟するなか、経験を積んだ国際的な事業者はより洗練されたサービスを中国市場に導入しています。Amazonは最近、同社のプライムサービスを中国の消費者に提供開始すると発表。多くの特典のなかには、国外から配送料無料で発送される商品を件数無制限で注文できるサービスも含まれます。

このような開発は、モバイルを含むあらゆるチャネルにおけるイノベーションを求めます。そうしたイノベーションは、11月11日における小売業者の成功が続くために重要です。

自社アプリを使った小売戦略に、ショッピングホリデーのベストプラクティスを活用する

1月11日水曜日太平洋時間午前10時00分、App Annieのサイトにアクセスしてください。小売アプリの成長についての重要な洞察と、ホリデーの支出から収益をあげるベストプラクティスを入手しましょう。App Annieのウェブセミナー「初公開:小売戦略を牽引するホリデーアプリの洞察」の登録は以下から。

 

REGISTER NOW

Mobile App Strategy」に関する他の記事を読む